親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ守らん

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)
字面どおり読めば善を勧め悪を懲らしめるということ。
マンマやんけー!という突っ込みの声多数。
だってそのままなんだもん。
まああれだ、水戸黄門とかのTBS月曜夜8時から放送されている時代劇はこれですね。
古いところでは南総里見八犬伝とかね。
最後は必ず正義か勝つということで分かりやすいっつえば分かりやすいんですがエンターテインメント的にはツマランですな。

さて、最近世間で騒がれている京都府の女子高校生殺害事件。
このちょっと前には愛知県でやはり女子高校生が殺害されています。
(不思議なことに京都の事件の方が結構大きくとりあげられています。愛知の方は遺族の意向もあって取材を制限されているとは言え人ひとりの命が奪われたのは一緒なのに...本当に不思議だ。)
両方とも被害者が女子高校生ということで似たような事件だと思われる方も多いかもしれませんが全く違います。
愛知のは学校からの帰宅途中、一方京都のは夜中に自宅をフラフラと抜け出した結果の被害。
そんなわけで愛知の子に関しては本当に可哀想だと思うが、悪いけど京都のはそうは思わん。
学校は休みがち、バーにも出入りしていた(んだと思う)。
お母さんが寝たのを見計らって外に出る。
きっと今までもやっていたんでしょうよ。
だから今回殺されたのは運が悪かったんではなくて当然の結果なんです。
逆に今まで何もなかったのが運がよかったと思わんとイカン。
お母さんと二人だけの生活だったらしいがそんな子はいっぱいいる。
さて、そのお母さんの手記にこんな一節があります。

何の落ち度もない娘に対し

この母親、夜中にフラフラ出歩くことに何の抵抗もないらしい。
夜中に外出した娘には何の落ち度もないと言い切っている。
私も人の親です、悲しく辛いのは理解できます。
けどね、夜中に出歩くことを悪いと思わない母親だったからそれが子どもそのまま受け継がれたんではないのかい?
今回のはその結果ですよ。
昔の日本は安全だったなんてこと言う人がいますがそんなことはありません。
昔の日本も危なかったんです。
私が子どもの頃、夕方遅くまで遊んでいると「人さらいが来るよ(←いつの時代だよ...)」なんていわれたモンです。
(まあ、それ以前に我が家の門限は5時だったけど。)
だからこそみんな(特に女性や子どもは)夜中に出歩くようなことはしなかった。
今は何を考えているのか知らんがなんか特別な用事があるわけでもないのに夜中に出歩く。
だから犯罪に巻き込まれる。
この親トホで何度も何度も書いていますが、犯罪はある程度自分で回避する努力をしなさい。
そして、親は子どもにそのことを伝えなさい。
(↑偉そうに書くなっつうの。)
犯罪が増えたのはそれだけ無防備な人が増えている証拠でもあるんだってことです。
変な人権主義を振りかざして「夜中に女性が出歩いてもいいじゃないか」なんて主張しているヤツに聞きたいことがある。
これ以上被害者を増やして楽しいですか?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/629-f2102d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。