親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物を探して

意外と近くにある本物の醤油を売っているお店、それは宇城市不知火町にある松合食品です。
使っているのは契約農家の完全無農薬大豆と麦、天日塩。
丸大豆醤油(こいくち)一升で1,200円也(税込み)。
普通の醤油よりも二倍位高いとは思いますがこんなもんケチケチしていてはいけません。
缶ビール4本我慢すればすぐに出せる金額です。
さて、松合食品というのは文政10年(1827年)創業といいますから180年超えていますね。
昔ながらの製法(つっても設備は近代化されていますし、発酵も樽ではなくてタンクでやっています)で造られた醤油でしかも保存料も入っていません。
これは買う価値がありますね。
熊本県内での直販所は不知火町と熊本市の二店舗だけ。
この醤油、東京でも手に入れることができます。
銀座熊本館という所に置いてあるそうです。
醤油ではありませんが味噌と酢ならむらからまちから館(有楽町)で手に入れることができますので、お近くの方は是非味見してみてください。
熊本、東京以外にお住まいの方でも大丈夫、オンラインショップもありますよ...って業者の回し者みたいになってしまった。

さて、酢の方ですが、ここの酢は残念ながら一升で手に入れることはできませんでした。
純玄米酢が五合瓶で1,500円というのがあることをあとでホームページで知りました...残念。)
ですので探さなければなりませんが酢を一升瓶で売っているところって?
昔は結構あったと思ったんだがなんて考えながら、仕方ないので次の目的地を付近では一番大きいショッピングモールダイヤモンドシティー・クレアに設定して出発。
醤油もそうですが、酢もやはり昔ながらの酢がいいですね。
醸造酢の造り方は、原料をアルコール発酵させて(要するに酒を造るんですが)酢酸菌を加えて酢酸発酵させ、そのあと滅菌などの処理をします。
(あと、合成酢というのもありますがこちらは主に業務用で使われるものなので造り方は省略します。)
原料は米(←これが一般的)、果実、雑穀などいろいろありますね。
とまあ、上で挙げただけのものだけでできていれば文句なしなんですけど、残念ながらそうでない商品も結構あるようです。
ためしにお宅にある酢の原材料のところ見てみてください。
米とか麦とか以外に酒かす、コーン、アルコールなんてぇのが入っていませんでしょうか。
これ以外にも調味料とか保存料なんて入っていたらもう絶対にダメですね。
それと、いろんな用途別の酢(たとえば寿司酢なんかです)になるともう、いろんなのが入っていて、これじゃあ酢と言えんだろうなんてぇのもありますな。
ということで、本物の酢を求めてダイヤモンドシティー・クレアに向けて走り出したへいたがあることに気付きました。
大事なことを忘れていた!
酢って酒屋に売っているんだった。
基本的なことを忘れてしまっていたお馬鹿なへいたです。
そうなんですよ、昔(って言うか今でもそうだろうけど)酢って酒屋さんで売っているものだったんですよね。
アルコール類って酒のディスカウントショップで買ったりスーパーで買ったりしていたから酢が昔からの酒屋にあるっていうのが頭に浮かばなかったんですよ。
ということでクレアにいく途中で酒屋を発見できたらとりあえず入るということで車を走らせました。
と、三分位走ったところにありましたよ、酒屋さんが。
あまり期待せずに店内に足を踏み入れました。
すると「お、こんなところに寶星(たからぼし)が!」。
寶星というのは私が小さい頃から慣れ親しんでいた焼酎です。
(飲んでいたのはもちろん私ではなくて父ですが)
いろんな銘柄が店内に並んでいるんだが...酢はあるのだろうか。
店の中をウロウロと歩き回って店内のほぼ真ん中くらいでフと目を下に落とすと一升瓶に福山の文字が。
半透明のビニールで包まれていて高級感を醸し出しています。
とりあえず手にとって原材料の確認をすると米の一文字、ようやく見つけました。
これをレジに持って行きますというとここの奥さんらしい人から「何かおつくりになるんですか」と尋ねられました。
多少戸惑いながら「ハイ...タマネギドレッシングを(て言って分かるのか?)」と答えると今度はご主人らしき人が「領収書は?」。
.........ハ~?
「時々みえるんですよ、お店の方が」と奥さん。
いやいや、私、料理人じゃないんで。
「あ、じゃ、レシートでいいですね」とおっしゃったのはご主人。
どうやら、オイラのことをプロの料理人だと思ったらしい。
男が本物の酢をそれも一升瓶で買うなんて普通は飲食店関係者くらいですよ。
だから勘違いされても仕方ないね。
ということで福山酢900円也。
因みに
この酢の醸造元は鹿児島県霧島市福山町にある伊達醸造
で、今回買ったのは健康酢というヤツでなんか知らんが濾過してあるんです。
だから安くなっているのかもしれませんが別に黒酢というのがありましてこちらは五合で1,500円(高!)、ゴールド米酢というのは一升で2,200円。
今度はここからゴールド米酢を通販で買ってみようかな。
因みにここで終わり。
ということで、合計2100円+タマネギ(多分150円くらい)で四升のタマドレを仕込みました。
今度のは原材料にお金をかけましたから少し期待して3ヶ月後を待ちたいと思います。
ということでタマドレのお話はここまで。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/606-98bcb994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。