親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのお金のこと、再び

あのね、この間入学金払わなくて入学式に参加できなかった子がいたって書きましたよね。
この間のは千葉県でしたが長崎でも同じようなことがあったんだそうです。
公立高校ですから入学金ってそんな高いモンではないし(制服とか教科書とかその他もろもろで結構いっちゃいますが、入学金そのものは5~6千円くらいじゃないかな)それすら払えないっていうのはやっぱ問題があると思う。
制度そのものではなくて家庭に問題があるということです。
高校(県)側は分納でも良いというんだからその手続きすればいいわけだ。
だからその手続きすらしないというのは高校なんていかなくていいと思ってるんじゃないかと受け取られても仕方ない。
オイラ、私立学校に行ったことがないのでよく分からないんだが私立の学校って入学金は3月中に納めるのが多いんじゃないのか?
で、納めないと入学を認めないというのが一般的だと思うんです。
これを公立に置き換えて考えてみると、納入期日は入学式当日である。
で、その日に納めなければ入学を認めない、つまり入学式には参加させない。
ごくごく当たり前のことです。
世界中どこに行っても「Oh~、一体何ガオカシインダイ?」なんて言われるに決まっています。
(もちろん中国と北朝鮮は除きますが。)
これは公立だろうが私立だろうが関係ありません。
「いや、私立は商売だけど公立は儲けるのが目的ではない」なんて意見も出そうですね。
私立が100%自己資金で運営しているのならそういう話も成り立ちますが私立にもちゃんと補助金が出ていますからそういう話にはなりません。
公立だから支払うという約束を守らんでもいいなんて理屈は通らないんですよ。
まあ、それを踏まえたうえでこんな情報もあることをお伝えしましょう。
全国の都道府県立高校での2006年度の授業料の滞納金が4億6千万円
どうですか、これが実態なんです。
つまり入学金の未納を許すとズルズルと授業料の未納につながってしまうということなんですよ。
どっかの大学の教育社会学の先生が「今ほとんどの生徒が高校に行く時代だ。各自治体は誰でも教育を受けられるようにせんといかん。貧乏だからっつって高校に行けないのはアカン思うネン(一部表現を変えています)」みたいなことを言っているけどそれは違うんでないかい?
奨学金制度があるじゃないか。
貧乏(←こういう直接的な表現を嫌がる人もいるだろうけど高校の入学金すら払えないくらいお金がないんだからこう書きます)だからという理由で教育を受けさせないというのはイカンけど教育を受ける本人が本当に受けたいと思っているのかどうかじゃないのか。
本当に必要だと思っているのなら努力して奨学金を受けるなり中学校とかどっかで相談すべきだし親もその熱意に応えて、いろんな手段を考えんといかんだろ。
その努力すら怠って高校だけ(ダラダラと)行かせて下さいなんて虫が良すぎます。
ずるずると入学して入学金とか授業料が未払いになったのはどうなるかというと当然税金で面倒を見ることになります。
大体、公立高校にかかる費用はある程度税金でまかなわれているんだが、それに加えて払わんやつの面倒までは見切れん。
さっさと自主退学をしてもらいたいもんだ。
もちろんちゃんと出席して一所懸命に勉強している人を助けることは大賛成です。
そうでない、授業料も払わないし、出席もまともでないし、問題行動を起こすようなやつらはさっさと退学してくださいということです。
家庭でどうにもできんヤツを学校でどうにかできるモンでもないだろう。
どうにかしたかったら家庭もガンバレ、そしたらもしかすると学校も頑張ってくれるかもしれん。
何度も書くが(本当に何度も何度も書いてきた...)子どもの教育っつうのは学校だけ、家庭だけで成り立つモンではないということ。
お互いに力を合わせてやっていかないと...今はそういう時代なんです。
だからさっきの上の大学の先生の全部制度が悪いみたいなコメントは昭和の時代なら受けただろうけどホント、時代おくれだと言わざるを得ない。
制度を変える必要もあるだろうがだったらそれなりの働きかけをすべきじゃないのかね。
な~んて大学の先生に高卒のへいたが噛み付いてみました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/604-e1ac8540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。