親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランナーに魅せられて

万緑一紅(ばんりょくいっこう)
たくさんのつまらないものの中に一つだけ良いものがあること。
もしくは多くの男性の中に女性が一人いる様子(=紅一点)。
出典は王安石「詠石榴詩(ざくろをえいずるのし)」。
万緑叢中紅一点 動人春色不須多
万緑叢中(そうちゅう)紅一点、人を動かすに春色多きをもちいず。
(広い草原に赤い花が一輪、春の景色はこれだけで人を感動させる...みたいな意味です。)
オイラの中にも万緑一紅みたいなもんはあるのだろうか。

ということで本日はマルショク、S&B主催のちびっ子健康マラソンに行ってきました。
(この時代にちびっ子という言葉を残しているのもどうかと思うが...)
これは4月から3月まで1年をかけて全国各地で開催されるマラソン大会です。
熊本では毎年4月か5月に開催されます。
主催をマルショク、S&Bとしましたが実はその地方によって主催者が変わります。
S&Bは変わらないんですがもう一つの方はその地方の食料品を扱う大型スーパー(まあ、スーパーはたいがい食料品を扱っているけどね)がやっているようです。
例えば新潟県だと清水フードだし、和歌山だとオークワです。
つまりS&Bの陸上競技部が主体となって各地の流通関係に働きかけているという感じでしょうかね。
さて、この大会に初めて参加したのは太郎(小6)が1年生の時
宮崎から熊本に越してきて二年目、まだまだ慣れない土地です。
なんか気が晴れるようなことでもないかいなと思っていた私の目にとまったのはマルショクの広告の中にあったちびっ子マラソン出場者募集の文字。
太郎に走ってみる?と尋ねると意外なことに走るという答え。
ということで走り続けて6年目、一昨年からは花子(小3)も加わりより楽しみが増えました。
太郎の方は今年で卒業ですがあと3年、花子も走り続けることでしょう。
この6年で一番心に残っているのは残念ながら自分の子どものことではありません。
もちろん一つ一つのことはちゃんと心に残っていますがそれ以上に印象に残っているのがあるんです。
それは2005年の大会のこと。
5月下旬でしかも天候晴れ。
当然のように気温は少々高めでした。
コンディションとしては少し悪いのであまりいい記録は期待していませんでした。
1年生男子スタート、10秒後に女子がスタート。
一年生が全て完走したら2年生男子、そして10秒後に女子という具合に競技は進みます。
そして6年生の番が回ってきました。
男子がスタート、少し背の高い子がトップを走ります。
10秒後に女子がスタートしたかと思ったらそんなに大きくない子がビュンビュン飛ばして2位以下をぐんぐん離していきます。
5~6年生は400mトラックを2周回ってから競技場の外を走って再び競技場に戻ってきてトラックを1周回ってゴールというコースになっています。
さて、1番で走っていた女の子、トラック2周を走り終わって競技場から出る頃は男子の半分以上を抜いていました。
競技場の外を走る様子は競技場内にある大型の掲示板に映し出されています。
みていると、例のトップの女の子がほかの男子をどんどん抜きさっている様子が出ています。
そのうちに信じられないことにその女の子は2位で走る男子をも抜いてしまったようです。
もしかすると1位の男子も抜くかもしれない。
競技場内の本部席横では5年生男女で1位だった子のインタビューがされていましたがそんなの聞いている場合じゃありません。
私の目は女の子の方に釘付けです。
数分の後にランナーは競技場内に戻ってきました。
男子1位と女子1位の差はおそらく30mくらい。
女の子はますますスピードを上げ20mまで迫っていき、実況アナウンスもヒートアップしていきます。
しかし男子の方が残った力を振り絞ってゴールまでその差が縮まるとはありませんでした。
このときのタイム、男子1位が11分03秒、女子1位が11分05秒。
因みに男子2位は11分15秒、女子2位は12分05秒ですからその速さが分かるというものです。
この時のこの女の子の記録は全国で12位でした。
(全国1位は10分15秒ですから上には上がいるものです。)
彼女のことが忘れられなくて今どうしてるんだろうなんてちょっと検索かけてみたら(←ストーカーの才能があるかも)さる中学校の2年生で陸上部に所属していて全国大会にも出場しているようです。
その学校は高校の付属中学校なんですが陸上部は高校の方と一緒に練習していまして、しかも中学生は彼女が一人。
いつの日か全国高校駅伝で走る姿をぜひともみてみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/598-6ecf1020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。