親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の○○ー○

三枝之礼(さんしのれい)
新婚さんいらっしゃい!に登場したカップルに司会者がお辞儀をすること。
...って違います。
(実際、三枝って名前の由来はこれかもしれんが。)
本当の意味は親に対して礼儀正しく、孝行すること。
鳩の子は親鳥がとまっている枝より三本下の枝にとまって親に対する礼儀を守るという意味だそうです。
三枝之例と一字違いで三顧之礼なんてぇのもあります。
こちらも礼を尽くすという意味では近いモンがありますね。
(詳しい意味はご自分で調べてください。)

ということで宮崎県紹介の最終回です。
宮崎県の西端えびの市から南東に下っていくと小林市を抜け高原町に入ります。
神武の里と言われていることから分かるように神武天皇後降誕の地として知られています。
けど、そういう場所って日本国内に結構あるみたいですね。
因みに高原町に残されている神武天皇に関わる地名を少しだけ挙げてみると王子原(おうじばる)、産場石(うべし)、血捨之木(ちしゃのき)、祓川(はらいがわ)などなどまだありますよ。
(それにしても血捨之木なんてある意味怖い地名ですよね。)
高原町からもう少し下ると都城市(みやこのじょうし)があります。
東国原知事の故郷ですね。
(宮崎県ではみやこんじょとよばれます。)
ここでは母智丘(もちお)公園関之尾滝(せきのおのたき)をお勧めしましょう。
母智丘公園は春の桜並木をご覧になってください。
2,500本を越える桜並木の風景は一度見るべきでしょう。
すぐ近くには母智丘神社があってそこには巨石群がありますから石好きにはたまりませんね。
関之尾滝...滝は大したことないんですが(とは言っても日本の滝百選の一つではあります)ここは甌穴(おうけつ)群が有名です。
川床にできた数千個とも言われる甌穴(水流と石とで自然にできた穴)群は世界有数の規模なんだそうで国の天然記念物に指定されています。
都城を出ましてもうすこし下りましょう。
日南市に入りますと少しお腹がすいてきましたので飫肥天(おびてん)をいただきます。
やわらかいさつま揚げってとこでしょうかね。
甘辛く味付けしてありますのでご飯にあうと思いますよ。
飫肥天という名前からわかるようにこのあたりは昔飫肥藩がありました。
飫肥城はNHKの朝の連ドラわかば(2004年)のロケ地にもなったんだそうです。
さあ、最後の地、宮崎県最南端串間市に参りましょう。
串間といえばやっぱり野生の馬ですね。
都井岬に野生の馬がいます。
野生とはなっていますがもともとは江戸時代に軍用馬として放牧されてたのが自然と野生化したんだそうです。
(本当に行き当たりばったりな県民性です。)
で、こっから幸島と呼ばれる小さな島が見えます。
ここで有名なのは芋を洗って食うサルがいること。
ここに住むサルはおそらく全部がそうするんだと思います。
最初に始めたサルの勇気も大したモンだがそれを真似しようと思ったヤツもえらいな。

てなわけで駆け足で紹介してきました。
実はまだ書き足りないことも一杯あるんですがそれはそれ、本当に宮崎に興味がわいてきたのなら調べてみてそして実際に行ってみてください。
いろんな発見があると思います。
南国宮崎ですがちゃんとスキー場もありますし、県内のいたるところで神様にまつわる伝説に触れることができます。
神話を聞きながら百年の孤独を飲むのもいいと思いますよ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/579-2a515453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。