親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ傷つける?

越鳥南枝(えっちょうなんし)
南にある越の国から来た鳥は故郷の方角である南の枝に巣を作るという意味。
作者不詳の詩の一説です。
この後に続く胡場北風(こばほくふう)もよく使われる言葉だそうです。
(今まで聞いたことがないんだが...)

ということでレコードとCDの話の続きです。
CDがレコードに比べて音が悪いというのは出始めの頃(1982年)から言われていた話で私も雑誌で何度か目にしています。
柳家小三治という落語家がいます。
名前聞いても分からないかもしれませんがその昔NHKであったお好み演芸会で司会をしていました。
この落語家さんが結構なオーディオマニアなんだそうです。
同じ落語家の林家正蔵(元こぶ平)はジャズマニアとして有名ですがおそらくオーディオマニアでもあると思います。
さて、その柳家小三治師匠がCDの音をよくする方法として高座で紹介した技があるのでここで書いときましょう。
CDの中心から外に向けてカッターかなんかで傷をつけるんですね。
(その傷をどのくらいの深さで付けるとか何本付けるのかなんてのは知らないので興味のある方は師匠の本を購入してください。)
そうすると音がまろやかになるんだそうです。
実際に小三治師匠は高座にCDカセットプレーヤーを持ち込んで同じタイトルのCD2枚のうち一枚は傷をつけもう一枚は無傷のまま再生したんだとか。
その高座をこの耳で聴いたことはないのでなんとも評価のしようもありませんがそこにいたお客さんが納得されたのでしたらその通りなんでしょう。
さて、CDにするにはCDにする前にCDに記録したい音をなんかで録音をしなければなりません。
で、その録音されたもの(音源)に何らかの処理をしてCDにするんですが実はCDにする時にこの音源の全てをCDに記録するわけではありません。
かなり乱暴に書きますがメッチャ低い音と高い音はカットされています。
可聴域という言葉をきいたことがあるでしょうか。
ヒトが音として感じることのできる周波数帯(20~20,000Hz)のことで、これより低かったり高かったりすると音としては認識できないんですね。
で、CDは技術的なこともあって20,000Hz以上の音はスパッとカットされているんだそうです。
(低い音もカットされているらしいですが、詳しいことは分かりませんでした。)
というような予備知識を一通り知っていただいた上で話を進めましょう。
CDとレコードの音質はどちらがいいかという話になるとこれは絶対にCDの方がいいです。
だってクリアだもの。
アナログ盤(←レコードのことですね)は盤面の溝を針でこすりますからわずかですがこすっている音がしますしちょっとついたほこりやなんかでパチパチって音が入ったりすることもあります(いわゆるスクラッチノイズというヤツですね)。
雑音だらけのアナログ盤とクリアな音のCDを比べればそらあCDの勝ちですよ。
でもなぜかアナログ盤の方が音がいいという人は多いんですよ。
お分かりでしょうか、彼らが良いと言っているのは音であって音質ではないんです。
音がいいといっているのはおそらく音色のことではないかと思います。
先ほど書いたようにCDの場合は耳に聴こえない周波数帯の音はカットされていますしスクラッチノイズも入らないからスッキリした音にはなります。
スッキリした音にはなりますが体で感じるものは減るんですね。
人間って意外と耳以外でも音を聴いているモンなんです。
超高音域とか超低音域なんてぇのは耳からは聴こえていないんですが体で微妙に感じているみたいです。
(だから低周波音問題なんてぇのがあるんですが...低周波音問題については自分で調べてね。)
後は、デジタルとアナログの違い。
アナログって言うのはそこにあるもの全部って感じ、デジタルはうまく間引いた感じってとこかな。
このあたりが音色の違いとなって表れているんじゃないかなんて考えているんだが実際はどうなのかなんてわかりません。
一部勘違いしているだけの人もいるかもしれませんが多くの人が音が違うと言っているんですからやっぱり違うんでしょう。
音楽ではどうなのかな~ってくらいの微妙な差ですがカメラでは全然違いますね。
1千万画素のデジカメよりも写るんですの方が明らかにキレイです。
これはもう仕方のないことですけど。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/575-9b691d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。