親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米○○合戦

読んだ途端「.........」ってなったニュースがあったのでご紹介。
ひとつ目はロイター発。
アメリカの人事採用担当者や人事のプロを対象にした調査がありました。
面接の時の求職者の非常識な態度がいくつか。
面接中に携帯電話を受ける。
まず電源切っとけってぇ話でこれだけでもかなり非常識ですがその上「プライベートな内容なんでちょっと出て行ってください」と面接官に頼むというのがいたんだそうだ。
あきれてなんも言えん。
面接終了後に家まで送ってくれるように面接官に頼む。
これは...多分その前になんかあったんだよ。
いや、面接官と不適切な関係(←古!)になるとかいうんじゃなくて面接受ける時に会社と求職者の間でそういう話があったんじゃないかと思うんです。
「交通費は出せないけど誰かが送っていきますよ~」みたいな。
で、求職者は面接官が送ってくれるのかと思いそう言ったんじゃないかと思うんですがね。
もしそうでなければただのアホです。
経理職に応募しているんだが「数字よりも人と接する方が得意」と言う。
じゃあマクドに行け。
まだあるんですが本当におバカな人が多いですね。
このニュース読んで面接とは関係ないんですが例のコーヒー事件思い出しました。
1992年に実際にあった事件です。
ドライブスルーで朝食セットを購入して車をどっかの駐車場にとめた老婦人。
ミルクと砂糖を入れるためにコーヒーを膝の間に挟んで蓋を取ろうとしたらこれが全部こぼれたわけです。
そしたら火傷をしてしまいそのまま病院へ。
こうなった原因はコーヒーの異常な熱さと、店が「コーヒーが熱いから気をつけろ」って言わなかったことだと裁判を起こしたというもの。
結局店側に64万ドルの支払いを命じる判決が下されました。
コーヒーを買ってこぼしたのは本人の責任なのにそれまで人のせいにする、本当にわけがわからん。
これがアメリカのいいところだと言えなくもないですが......アメリカには一生行かん。

てなわけで二つ目。
2006年6月に岐阜県で外国人塗装工(34)が乗用車を奪い運転していた女性と同乗者に怪我をさせた事件の判決公判が17日にありました。
判決は懲役2年、執行猶予4年。
これはなんの罪に対する判決かというと覚せい剤取締法と出入国管理法違反。
え?じゃあ強盗傷害はどうなってるの?と思うでしょう。
こっちは無罪なんですよね~。
じゃあ冤罪?かというとそうではありません。
ちゃんと(←っていう表現おかしいんだが)強盗もしたし怪我もさせてるんです。
でもこっちは無罪なんですよ。
これにはカラクリがあって実は覚せい剤を使っているときの犯罪は罪を問えないということなんです。
刑法には次のような条文があります。
第39条 心神喪失者の行為は、罰しない。
2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。
つまり覚せい剤を使っていて心神喪失状態にあるときには何をやっても罰せられないということなんですね。
これは覚せい剤だけではなくて酒で酔っ払った時でも同様です。
ただし酒の場合は道路交通法で飲酒運転が禁じられていてから飲酒運転の場合に限っていえばこっちの方で結構厳しく罰せられることにはなりますが、覚せい剤に関してはたとえ車運転して人を殺しても覚せい剤取締法違反で少々軽めの罰を受けるだけで済みます。
(なんか釈然としませんよね、私も今回の判決きいた時にはどういうこっちゃ!と思いいろいろ調べましたもん。)
「原因において自由な行為」という言葉があります。
覚せい剤を使うとハイになって何がなんだか分からなくなるということが分かっているのにあえて使って犯罪を犯してしまった場合は、たとえ犯行時に心神喪失状態でもアカンということです。
実はこの適用によって有罪になる場合が多くなっているみたいです。
(ちょっと不確かな書き方で申し訳ありません。)
ただ、おそらく殺人だとかいう重罪の場合であって今度の場合(が微罪だとも思えんが)は適用せんかったか、裁判官が覚せい剤なんて大したことないと思っているのかのどっちかでしょう。
どっちにせよそれを適用するしないは裁判官の考え方次第なんで、なんかやってられないな~って感じですね。
覚せい剤使用者から被害を受けて何の保障もされない場合もあるんだから、覚せい剤がらみの犯罪に関する罰し方を法律でびしっと決めてればいいのにな~なんて思う事件でした。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/573-5c543314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。