親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなに歌わなくても...

ここで何回か書いていますがアニメ映画ってぇのはどうにも具合が悪い。
特に最悪なのはテレビで放送しているのを劇場版で作ったやつ。
ドラえもんとかワンピースとかですね。
ストーリーとかはどうでもいいんですが...ってそう言えば今公開されているワンピースはなんかストーリー展開がオリジナル版とは全然合っていないという話がある。
そうなるともう論外ですね。
っと、話がそれてもうた。
あのですね、テレビ版のアニメってテレビサイズ用に作られていますから線の太さとか人物の動きとかもそれようになっているし、もっと言うならキャラクターの姿形もテレビサイズに合うようにできています。
(例えばドラえもんとかサザエさんのキャラクターがオリジナルと違うなんてのは有名ですね。)
そういテレビ版ののを映画版にするとただ単に引き伸ばせばいいという話にはなりません。
やはり劇場のワイドスクリーンに合うような創り方をするんですよ。
(そういう処理していない映画なんてそれこそ観る価値ありません。)
そうするとテレビでみるのとは印象が変わってしまいます。
ですからあれは本当、全然別のアニメ映画だと思ったほうがいい。
アニメ映画といえば日本ではジブリ、海外ではウォルト・ディズニー・ピクチャーズが有名ですがディズニー作品なんてみる気がせん。
なんだか最近のはデジタルアニメかなんか知らんが全然味がなくなってつまらんし人間の動きに果てしなく近づけようとして逆に失敗し不気味ですらある。
(その点ジブリは成功しているがな。)
あんなの金払ってみるやつらの気がしれん。

ということで魔法にかけられて(ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ)みてきました。
なんじゃい!上で言うてることと違うやないか!というお怒りごもっとも。
まあ、今度のは壮大なパロディー映画だということでお許しください。
先々週だったかな~、映画のワンピースを子ども達が見ている間にチケット売り場の横で予告編流していて、それみてたら魔法にかけられてをみたくなったと書きました。
ジャンパーでもなくクロサギでもなくライラの冒険でもなくましてやケロロ軍曹でもなく魔法にかけられてです。
全国イヤ、全世界の映画関係者に言いたいんですが、予告編は大切ですよ。
最初はどちらかというとライラの冒険かジャンパーみたいと思っていました。
私の選択肢には魔法にかけられてなんて入っていませんでした。
もっと言うならへいたが選ぶこの春みたくない映画ベスト3(イヤ、ワースト3というべきか)に入るくらいの映画だったんです。
それが予告編みたとたんにみたい映画1位になるんですから予告編の力恐るべしです。
ということで家族4人で行ったんだわ。
最初は予定通りアニメシーンから始まります。
ア、ここで訂正をさせていただきます。
前回の記事で王女なんて書きましたが、実は歌を歌うことで動物や鳥や昆虫を思いのままに操れる森の普通の娘さんでした。
(一応プリンセスとなっていますが実態はただの娘です。)
生き物を自由自在に操れるのを普通といっていいのかは意見の分かれるところでしょうけど。
ということで訂正ここまで。
まあ、これがディズニーのベタなプリンセス物という設定のパロディー作品。
ここまでベタなのはないだろうというくらいベタベタなんで逆に笑えたりするんですけどね。
(でも、そんなのディズニーでやっていいんだろうか?)
そのジゼルという名の娘さんが王子様と出会って○○(自主規制)となるんですが○○にだまされて○○○○したら、現代ニューヨークに飛ばされてしまいます。
そこで出会うのが弁護士ロバート。
ここに王子様とロバートの恋人そしてジゼルの命を狙う女王が絡んで始まるどたばた喜劇いや、ロマンス、いやサスペンスまあ何でもいいや。
一部眉をひそめたくなるような映像もありますが本当に笑える映画でございました。
オイラ、ラブロマンスなんて嫌いなんだがこういうのだったら大歓迎だぜ。
ということで最後にこの映画の見所を。
一番の見所はピップという名のリスの演技。
取り敢えずみてみ、そしたら分かるから。
それにしても、字幕版もみたいな~。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/571-22340b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。