親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのうるさい...

ううっ。
本当は昨日書くつもりだったのに睡魔に負けてしまった。
ということで取り敢えず今日書く。

皆さんあれにお気づきだろうか。
毎朝新聞に掲載されているあれです。
って書いてもわからないでしょう。
(じゃあ最初っからちゃんと書けよって話ですが...)
えっとですね、うちでは朝日新聞ですがおそらく全国紙(讀賣、毎日、日経)あたりだと間違いなくちゃんと出ていると思うんですがあの広告です。
そう、ルー大柴がやっている洗口液のあの新聞広告だ。
多分65mm×55mmのスペースだと思うんですけど、それがいっぱい載っているんですよ。
もうね、見開きで4つくらいかな、だから一日一紙で8以上は載っていると思う。
しかもことわざをルー語で言い換えてるんですよ。
ここで紹介すると著作権の関係で問題があるんですが...紹介しちゃおう。
「一寸先はダーティー」
一寸先は闇ですね。
「エネミーは口の中にあり」
多分、敵は本能寺にありでしょう。
「十パーソン十ブレス」
十人十色...って言うか日本語のほうが短いぞ。
「フレンドリーな息にも礼儀あり」
親しき仲にも礼儀あり...バカ。
「泣きっ面にバッドブレス」
泣きっ面にハチなんだが、まあへこんでいる時に臭い息は嫌だよな。
「身からアウトプットした口臭」
身から出たサビ、でいいんだが出たをなんでアウトプットとしたのでしょうか。
「口は剣よりもストロング」
ペンは剣よりも強しですけど、いい加減にしてほしい。
とまあこんな広告が出ていますからちょっとだけ毎日配られる新聞を気にしていてください。
オイラも気にしてくださいなんて人に言っている場合じゃない。
実は気になっている記事って言うか連載小説があるんです。
長嶋有という人が書いているねたあとにという小説。
ストーリー自体はそれほどスリリングでもないんですが毎日読まずにはいられないんですがね。
あれ読んでいて気付いたことがあります。
41年間も生きていてなんで今頃と思われるかもしれませんが、オイラが本(小説)を読む読まないの規準...おそらく文体です。
内容が面白い面白くないって言うのもあると思うんですが、プロの物書きだったら内容はある程度の規準には達しているはず。
だとしたらあとはその文体が好きか嫌いかしかないんですよ。
硬すぎずかと言って柔らかすぎず、俺ってこんな人がタイプだったんだな~と思う今日この頃。
...って作者の性別は?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/566-97e97ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。