親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジャーにもほどがアル

フロントで妻が精算をしている間、フロントガラスが凍りついたのを溶かすためにエンジンを掛けに行きその時に除雪作業をしていた従業員に道路状況を聞きました。
チェーン規制は出ていないようなんですが...ここから上の方はここよりもひどい状況、下りはとりあえずまあ、大丈夫ですが、ノーマルタイヤだとゆっくりと行けば何とか...というなんともアバウトな情報しか入りませんでした。
今私達家族が置かれている状況をご説明いたしましょう。
ご存知だとは思いますが阿蘇っていうのは大きな噴火口なんです、って言い切ったら少し語弊があるかもしれんな。
あのですね、火山が噴火したら中に入っていた溶岩とかが外に出てきます。
そしたら中に何にもなくなりますから上の地面がそのまま陥没しちゃうんですわ。
こうやってできたくぼみのことをカルデラと呼んでいて、特にこれに水がたまって湖になってしまったのをカルデラ湖なんて言っています。
よくここが阿蘇ですって紹介される山並みは阿蘇の外輪山で、陥没した周りのいうならば噴火口の出口の場所ような感じですね。
阿蘇の町っていうのはこのくぼんだところに集まっているわけですよ。
で、私達が大分方面に向かう場合は高速道路を使わない場合この阿蘇を通ることになります。
そのまままっすぐに突っ切るルートもありますが外輪山の上を通る道を走るルートもあります。
まあいずれにしてもとにかく阿蘇の山越えをしなければならないんですがこんな雪が積もっている状況で阿蘇方面に向かうのは自殺行為に近いといえるでしょう。
それじゃあどうやって帰るのかといえば残されたのは少々遠回りなんですが大分自動車道(高速道路ですね)に乗って熊本まで行くルート。
しかもこの時点で玖珠~別府間は通高止め。
っていうことで必然的に玖珠ICから乗るという選択肢しか残されていないという状況です。
では玖珠ICまではどうやっていくかっつうとこれもまた東回りと西回りの二ルートがあるんです。
取り敢えず通過点と行き先をカーナビに入力して出発することにしました。
けどね、その時に○○では規制中ですみたいなことをいったような気がするんです。
しかしこっちは雪道をノーマルタイヤで走るんですから(ってその決定がおかしいんだが)それどころではありません。
とにかく阿蘇とは反対の方向に進みます。
雪道ではありますがまだ時間が早かったためか、道が凍り付いていないぶんハンドルも取られず、スピードさえ出さなければ意外と走りやすい。
しばらく走るとナビは道路の上に掲示してある道案内とは違うルートを言い出しました。
実は、我が家で使っているカーナビは(っていうよりおそらくどこのカーナビもそうでしょうけど)時々古い情報による道案内をすることがあります。
ハイハイ、私はアンタより表示板の方を信用するもんねなんて言いながらカーナビ無視して進んでいくとだんだん雪の状態が悪くなっていっています。
心配になって途中で車を左に寄せてカーナビで調べると、この先チェーン規制中の区間が二箇所もあります。
(こういう情報が分かるところは最近のカーナビって有り難いですね。)
あ~、今回だけはカーナビを信用せんといかんかった...と今来た道を引き返しカーナビが最初に教えてくれた道を素直に進むことにしました。
少し上りですがなんとか行けます。
ギアをローとセカンドで切り替えながら進んでいくとこれ以上もう進めないと感じるくらい真っ白な所に出てしまい思わずハンドルを左に切ってしまいました。
これが間違いの始まり。
(この時後から一台車が来ていたのでハザードを付けて停止したんだがホンマ後の車ごめん!)
一旦停止して取り敢えず今来た道を引き返そうとバックギアに入れますがタイヤは雪の中で空回りしてどうにもなりません。
少し前に進めてもう一回バックに挑戦しますがこれもダメ。
何度繰り返しても左前のタイヤが雪に空回りするばかりでどうにもなりません
このままでは凍死してしまうと思い(ってそんなことはない)仕方ないからこのまま直進することにしなんとか雪からの脱出に成功。
一番きつかったのはここだけで、あとも山道の中ではありましたが、ゆっくりゆっくりと走っていくと2~3回くらい軽くすべることはあったものの不思議と制御不能に陥ることはありませんでした。
(アイスバーン化していなかったのが幸いしたのかもしれません。)
玖珠ICの近くまでくると雪なんてどこが怖いの~?って言うくらい可愛い積もり方です。
このあたりになり私達家族もようやく一息つくことができました。
さて、うちの長男太郎、あたり一面の雪に大興奮していましたが、今回の雪のドライブがさすがに怖かったのかこう言いました。
もう雪はこりごり
...本当は一番怖いのは雪そのものじゃあなくて雪道をノーマルタイヤで帰ったお父さんなんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/549-7b975deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。