親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやな予感

大器小用(たいきしょうよう)
優れた才能の持ち主を上手く使いこなせないこと。
出典は後漢書辺譲伝
大器っつうのは大きな器量や才能が優れていること、もしくは才能のある人物のこと。
小用って言うのはちょっとした用事(おしっこのことではない)。
だから、すごい力のある人に雑用みたいなことしかさせないなんて時には使えますね。
そうね~例えばフェラーリに乗って近所にタバコを買いに行くとか...ってそらないか。

ということで昨日の続きです。
実は今回の旅行はいきなり当日決まりました。
なんとなく行きたいな~と思ってしまったからです。
ということで私と息子が床屋に言っている間に妻がホテルの選定をしたわけだ。
どうもしゃぶしゃぶ食べ放題プラン(1時間半以内)に惹かれたらしい。
しゃぶしゃぶ...どうも好きになれん。
なんで肉の旨みをお湯の中に捨ててしまうんだろう。
しかも皆はなんでそれを旨い旨いとたいらげるんだろう、肉の旨みなんて全然ないのに。
まあよしとしよう。
温泉から上がったらそのしゃぶしゃぶが待っています。
子どもたちはお子様ランチ。
お子様ランチって言ってもその辺のやっつけ仕事ではありません。
それぞれの前には卓上コンロって言うかあれだ、旅館なんかに行くと一人前の湯豆腐とかを温めるのに下に固形燃料入れて火つけるあれ、あれが子どもの席に備えてありました。
それでちょっとした焼肉をするんですよ、子どもが。
自分でやらなければなりませんから少し大人の気分を味わえるかもしれませんな。
大人はしつこいようですがしゃぶしゃぶ、それからお刺身やらちょっとしたオードブル(和食だから先付けと言うべきか)、天麩羅などが付いています。
メインのしゃぶしゃぶはあんまり美味しくなくても料金の分は元を取らなければなりません。
てなわけで4皿もおかわりをしてしまいました。
これで元は取れただろう(って、これくらいでは多分取れてないと思う)。
飯も食ったことだしと部屋に戻って飲みなおし、もう一回温泉つかって寝ました。
翌朝起きて部屋から外を眺めると屋根にうっすらと雪が積もっています。
なるほど、昨日も少しちらついていたからな、それが残ったんだろうなんて思いながら取り敢えず起き抜けのひとっ風呂。
風呂から上がって一階に下り、車に荷物を取りにいくと...外は一面の銀世界。
こらあ子ども達に教えたら喜ぶぞ~なんてことはぜんぜん思いませんでした。
従業員の方が数名一所懸命に雪かきしています。
あ、オレンジのあれ、雪かき用のスコップだ、初めて見たぜ。
ってそれどころじゃない、どうやって帰ろう...チェーンがない。
そう、私はチェーンを持ってきていなかったのです。
だって、昨日までは風はあったけどメッチャ晴れてたしこの時期にまさか雪が降るなんて予想もしていませんでした。
しかもこんなに積もるなんて、おそらく10cmくらいは積もってるだろう。
けど、道に出れば車も走ってるしそこまでないかもしれないな~と思い、一旦部屋に戻りすぐに朝食を食いに昨夜の夕食会場へ向かいました。
食堂に到着するとやはり一面の雪景色、なんだけど微妙~。
道に出るまではやっぱり分からんか、と朝食をいただきます。
うちの家族は出されたものは全部頂く主義ですのでおひつのご飯を完食したところ中居さんがもっと召し上がりますかと言ってくれましたが慌ててお断りしました。
オイラにこれ以上食わすなっつうの。
飯食ったらこのホテルでの最後の温泉です。
(食事してすぐ入浴するのはやめましょう。)
昨日楽しんだ露天風呂にはいることにして行ってみるとまたまた雪が降ってきています。
しかも湯船までは雪の上を素っ裸で歩いていかなければなりません。
雪の冷たさを我慢しながら一番熱めの硫黄風呂につかりました。
雪に降られながの温泉ってぇのもなかなか乙でげすなあ。
体が充分に温まったところで帰り支度です。
本当に家に帰れるのか一抹の不安を感じながらフロントへと向かいました。

ということで続く。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/548-c0ef65dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。