親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪者の心理

この間橋下大阪府知事のNHKへの絶縁宣言を紹介しましたが東国原宮崎県知事もするかも...なんて言っています。
二人が元々親交があったというのもそうなんですが実は宮崎県の場合は今NHKともめています。
現在NHKでは大河ドラマ篤姫を放送中です。
一回だけ、しかもほんの数十分だけ観ましたが...なんで薩摩藩なのに薩摩弁とチャウねん!なんて怒ってしまい以後観ていません。
お断り
この件に関してNHK相談室に電話して確認してみると...ゴメンナサイ、ウソです。
私が直接電話したわけではありませんが篤姫のHPをみると同様の疑問をもたれた方もおられたようでそういう質問がありました。
でそれに対する答えがちゃんと載っていましたのでかいつまんで説明します。
篤姫の時代の薩摩藩ではできるだけ標準語を使うようにという指導がされていたようです。
なので藩主以下上の階級は標準語、下級及び女中の人たちは薩摩弁を使うという演出がなされているのだそうです。
いやあ、勘違いしてすまんかったなNHK 。
でも次からも観んけどね。
お断りここまで
そのドラマで島津氏の発祥の地を鹿児島県出水市(いずみし)と紹介しました。
ところが宮崎県の都城市(みやこのじょう)も島津氏発祥の地という説があるんだそうです。
(この件に関して都城市長がNHK宮崎放送局に抗議に行ったらしい。)
東国原知事の出身地が都城市だもんだから彼もやっぱり黙ってはいません。
冒頭のような発言に繋がったわけです。
私はねNHKの番組作りに対する姿勢って結構評価してるんですよ。
時代考証も結構きっちりやってるし子ども番組や芸術、バラエティー、どれとってもまじめに作っています。
ただ、やっぱりオレラがナンバーワンみたいな思想があるように感じるんですよね。
(だから橋下知事に対して「30分の遅刻で~」なんて発言が出るんじゃないかな)
その考え方捨てないといつか国民から見捨てられることになるかもしれませんぜ。

NHKといえばニュースですが(←そうか?)そのニュース観てたら南大門炎上なんてのが(←表現ちょっと軽いでしょうか?)流れてました。
南大門...ナムデムンと読むんだそうです。
でもオイラはなんだいもんと読むけどね、だって日本人だから。
おまえらもキムタクのことをきむらたくやって読まないだろう。
だからオイラもあえて日本語読みで読みます。
南大門って実は通称で正式には崇礼門(すうれいもん、韓国読みではスンネムン)というんだそうです。
その崇礼門が燃えてしまい...燃えてしまったのは仕方ないとして、その後がどうも私には理解できん。
あの前に集まって「南大門よ、燃やしてしまって悪かった~」なんて叫んでいるオッサンはおるし、泣いてうずくまっているおばさんもいるし、そんなに泣くほどのことなのだろうか。
例えば日本で大阪城が燃えたとして大阪のおばちゃんら泣くやろか。
...泣くかもしれんけど...わからんな。
まあそんなわけで南大門ってなんだろうかと調べてみました。
作られたのは1398年ですからチャングムがいた時代(16世紀)には既にあったことになります。
韓国の国宝第一号なんですが主要文化財保護の目的でこれを国宝に指定したのは朝鮮総督府
朝鮮総督府っていうのは日本が朝鮮半島を統治していた時代(1910~1945)に朝鮮を統治するために置いた官庁、つまり日本政府の支所みたいな感じでしょうか。
国宝指定したのは日本なのでこれに反発する人も当然いるんですが、もし当時の日本がこれを国宝に指定しなかったらこの建物をどうしていたんでしょうかね。
韓国国内で文化財保護法が制定されたのは1962年。
それまで保護しようという気がなかったんだからこの件に関しては少しくらい日本に感謝してもバチは当たらんと思う。
しかも他民族の文化財を大事にしましょうなんて普通はやりません。
それから考えると当時の日本人は偉かったんだな~と思いますわ。
なんて調べてみて韓国、ソウルのシンボルというのは分かりましたが泣くほどの気持ちは分からん。
多分、オイラが冷血人間だからかもしれんな。
一京歩譲って泣くのも仕方がないとしてもだ、だったら簡単に放火されるような管理するんじゃない。
夜管理する人はいない、でも出入りは自由ときたら、そらあちょっとストレス解消に火も付けたくなるでしょうよ。
逆に今まで無事だったことが奇跡だと思う。
今回の件、韓国の方々にはお気の毒なことだとは思いますが文化財保護に対する姿勢に疑問を抱いてしまいましたのであえて書かせていただきました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/539-069092b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。