親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OH~

アメリカの大統領予備選挙が注目されています。
注目されているのはやっぱり民主党。
バラク・オバマ上院議員になるかヒラリー・クリントン上院議員になるか、目が離せませんね。
(いや、別に目くらいは離していいだろうが。)
ここでちょっとアメリカの大統領選挙の方法についておさらいしましょう。
アメリカの大統領選挙って中学校の社会科で習ったと思うんですが間接選挙です。
間接選挙っつうのは住民が直接代表者を選ぶのではなくて、住民が選ぶのは選挙人(←いろいろ呼び方はあると思いますけど)で、その選挙人が代表者を選ぶっていう方式です。
アメリカの場合は各党で行われている候補者選びの予備選挙も間接選挙です。
ニュースなんかで「獲得代議員数は~」なんて言てっますがこの代議員っつうのが選挙人のことですね。
この予備選挙が長くて2月から6月まで各州でそれぞれの党が党員集会などで投票を行ってその州の投票する代議員を選出します。
そして最終的には7月か8月に、各州から選出された代議員(一般代議員)と幹部役員や現役議員(特別代議員)による投票が全国党大会で行われ各党の大統領候補が決定するわけだな。
(この時に副大統領候補も選ばれます。)
ということでいよいよ大統領を選ぶ本選挙ですがこれは11月に行われます。
ただし、11月に行われるのは大統領を選出する選挙人団を選ぶ選挙。
この選挙人団というのは各州によって人数が違い(3人~55人)より多くの選挙人をゲットできた方が大統領になれます。
この時の投票で大統領候補者名を書きますが、その州で多くの票を得た候補者がその州の選挙人団をゲットできます。
(因みに選挙人はあらかじめ投票する候補者を公表していますが実際に投票する時には別の候補者にしてもいいらしい。ワケが分からん。)
この選出された選挙人団が集まって投票するのは12月。
てなわけでアメリカの大統領選ってぇのは11ヶ月にも及ぶなが~い戦いなんでございます。
そらあ金もなくなるっちゅうねん。
そんな、地球の反対側のことはどうでもいいんですが問題は日本です。
日本でも一部の地方で盛り上がっています。
そう、ちりとてちんで有名になった福井県小浜市です。
オバマ候補と小浜市の読みが一緒なんで市を上げてオバマ候補を勝手に応援しているらしい。
日本なんかで応援してもどうしようもないと思うんですがホテルで応援ポスターまで貼っているらしい。
観光協会の考えることはしょーがねーな~...なんてあきれていたらもっと近いところ、そう我が熊本のお隣長崎県でもやってました。
実は長崎県雲仙市に小浜温泉というところがあります。
(私も3年前に宿泊したことがある。)
島原とか諫早がある島原半島の西岸にありまして、夕日が綺麗なんでございますよ。
こんなところに大晦日に宿泊するというおおぼけをかましてしまいました。
(水平線から上がってくる初日の出なんて当然拝めません。)
大晦日にとまるんだったらやっぱり宮崎の青島やね。
ホテルの施設とか料理とかあんまり良くないけど(←コラコラ)風景だけは本当に素晴らしい。
大晦日に泊まればそら最高の初日の出が拝めるはずです。
...っと、宮崎の話じゃなくて小浜温泉でした。
小浜温泉にしても小浜市にしてもオバマ上院議員が実際に大統領になったとしてなんか経済効果でもあるんでしょうかね。
今度の予備選で大統領候補者に選出されたとしてなんかイベントやるのかしら?
そうやね、ホテルの宿泊代20%オフとか、焼き鯖千円で食べ放題とか(あ、これは小浜市限定になってしまうな)。
ただ話題性だけで応援するんじゃなくてそれをどうやって観光客ゲットにつなげるか考えた方がええんちゃうか。
小浜市なんてちりとてちんブームでちょっと潤っているはずだしこの勢いでオバマ候補でもう少し何とかすればいいのにと思うのは私だけ?
何も考えない観光協会なんてこの際放っておきましょうか。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/538-a790979d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。