親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じるか?

浮石沈木(ふせきちんぼく)
石が浮いたり木が沈んだりすることなんかないのにそういうありもしないことが一般的に広まってしまい大勢の人がそれを信じ込んでしまうこと。
今ちょっと問題になっているスピリチュアルカウンセリングなんかもそうかもしれません。
ちょっと前の話で恐縮ですが、あの江原啓之檀れいの亡くなった父親を霊視したんだがこの父親は檀れいが宝塚音楽学校に行ったことを理解して見守っていたと言ったわけだ。
ところが檀れいの母親は再婚で、音楽学校時代に一緒に暮らしていた父親はまだ生きているし母親の再婚相手は確かに亡くなっているが学校時代にはまだ会ったこともなかったんだそうです。
一体全体江原先生はどなたのことを霊視なさったんでしょうな。
もしかしたら生きている実父の生霊を霊視したのかもしれません。
まあ今回はたまたま江原先生の件が問題になりましたがそのほかの先生方も充分にその危険性はあるわけです。
以前も書きましたが私はこのことを信じてはいませんが全てを否定しているわけでもありません。
ただね、本当に霊視できるんだとかダウジングできるんだとかなんとか言う前にいろんな未解決事件を霊視して解決してやれって言っているんです。
本当に能力があるんだったらそんなこと朝飯前でしょう。
テレビに出て前世がどっかのお姫様だとか言うよりもよっぽど宣伝になるし人のためにもなるっちゅうねん。
手品でできるのと同じこと超能力でやっても仕方ないでしょう。
マジックでも絶対にできないことをやって人々をアッと言わせてごらん。
そしたら私も認めましょう。

さて、スピリチュアルブームと同じように最近世間をお騒がせの中国産餃子毒物混入問題。
まあこれは人為的に入れた(まあ、犯罪性があるってことだ)ということで間違いないな。
中毒を起こした人が日本全国にいますから日本での注入(混入ではなくあえて注入という言葉を使わせてもらいます)はまずありえん。
ということで中国の工場で餃子を作る工程から貨物船に載せるまで、いや、ダンボールにつめるまでの間だからこれはもう工場内で注入されたと断言していい。
実際ね~本当に中国の工場内で入れられたとしてもじゃあ動機はどうなんだとかという話になります。
中国政府側もなんだか自分達には責任がないみたいなコメントしかせんし日本政府も追究のやり方がゆるいような気もするしこれじゃあ、中毒起こして入院している人たちにもなんだか気の毒な気がしますね。
本当に一日も早く解決して欲しい問題です。
あ、そうだ、例のスピリチュアルカウンセラーの方々にも登場してもらって霊視なんてのもいいかもしれませんよ。
それで解決できたらいい宣伝になるんじゃないの?
こんな美味しい状況ってないんだろうけど不思議と出てこないんですよね。
ホンマ、自信あったら出てきてくださいよ。
まあ、テレビに出てきてるのって偽者だけなんだろうけど。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/530-f738e43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。