親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい気分なんだけどぉ~

和気藹藹(わきあいあい)
脇の下がしっかりと閉じられている状態。
...ってそらあダチョウ倶楽部じゃ!
本当の意味はみんながうちとけて和やかな気分でいる様子
和気ってのはのどかでむつまじい気分、藹藹は和やかな様子ということで和気藹藹は上で書いたような意味なります。
だいたいわきあいあいが四字熟語だってぇのも知らんかったな~。
ひとつ勉強になったぜ。

ということでメジャー第4シリーズ出足好調ですな(あくまでもへいた評価ですが)。
アメリカメジャーへの挑戦を始めたこのシリーズ、全体にアメリカっぽい雰囲気で一杯です。
ちょっとしたところ、例えば審判のジャッジの時のポーズとか選手のプレイの仕方とかふとした仕草であるとか本当にアメリカだというのを忘れさせません。
特に今も残っている人種問題についても言及している点は見逃せませんね。
イケメンミュージシャンへいたとして気になるのは話の中で使われているバックの音楽。
第3シリーズまでのロックっぽいのではなく南部アメリカを連想させるブルースっぽいのを使っています。
ソウルミュージックが好きなへいたとしてはたまりませんな。
こんな具合に第4シリーズはいいところだけかと思われますが実はそうではありません。
オープニングテーマです。
歌っているのは大友康平
大友康平といえば伝説のロックバンドハウンド・ドッグのボーカリストですが(バンド自体はまだ存在していますけどね)今はメンバー解雇訴訟問題で少々ごたついています。
これがまたメジャーとは合わんのですよ(しつこいようですがあくまでもへいた評価です)。
曲がイカンのかボーカルがイカンのかは分かりませんが(私は曲がアカンと思っています)どーにもしっくりきません。
今からでも遅くはないので作り変えて欲しいと思っているくらいです。
そうそう、テーマソングといえば今ヤッターマンリメイク版のテーマソングもちょっとなんかもめごとがあるようですね。
はっきりしたことが分からないし観てもないので書きようもないのですが(じゃあ書くなよ...)こういう子ども番組でごたごたはやめて欲しいです。
クレヨンしんちゃんみたいな超低俗だと言われるアニメでも(私もそう思っているから我が家では絶対に観せません)それを一所懸命観ているのは子ども達なんです。
アニメを観て育ってきた私たちもそうであるようにその思い出は一生残るわけですからその中に大人の汚いごちゃごちゃは入れて欲しくないです。
昨年のおふくろさん騒動の時にも思ったんですが表現者って時に人の人生に影響を与えることもあり得るんだってことを常に頭の中に置いて行動をしてほしい。
私達が観たいのは作品そのものであってその裏にあるものではないのですから。
だから極論を言えば芸能リポーターなんて必要のない職業なんじゃないかね。
...ホンマ、極論過ぎるわ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/509-14abe58d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。