親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い思惑

仕事納めである。
なんと言っても仕事は今日が最後です。
今日は仕事という仕事はな~んもせんかったな~。
なんもせんかったけどやりましたよ献血。
去年もやりましたが今年も400mlきっちりとやりました。
本当は喘息があるんですがそんなことは隠して、本当は3日くらい前から薬飲んだらアカンのですが中止したのは前日の晩から。
(ばれなきゃあいいんです。)
何で喘息があると献血するとイカンのかちょいと説明しますね。
(実は昨年も説明しましたが何度やっても減るもんじゃありませんから。)
注射針が入ることでいらんアレルギー反応が出て喘息の発作を誘発するかもしれんというのが日赤病院の担当のお医者さんの説明でした。
出るか出ないかは自分が一番分かっていますから危なそうな時には献血しませんって。
まあそんなわけで不良中年の私は素性を隠して献血したわけです。
事務所で一通りの問診を終えてイザ献血バスへ。
乗り込むと女性看護師さんと女医(?)さんが並んで座っていらっしゃいました。
両腕の血管の具合をみて看護師さんが「右手で献血をしてください、採血は左手で行います」と言って左手から血を抜き取りました。
何で看護師さんってみんな可愛いんでしょうかね。
左手をずーっと握られているわけだがもう、ポーっとしてきますね。
この後向かって右側に座っている女医さんから血圧と脈拍を測ってもらわんとイカンというのにこれではダメですね。
ということで女医さんの前に座りますというと、またこの人が高橋ひとみ似の美人なんだ。
去年まではちょっと年のいった男性医師だったんですがこれではもう絶対にアカン!
ただでさえ高血圧気味なのに絶対にアウトです。
よって去年に引き続き腹式呼吸です。
周りからばれないように腹から息を吸って~吐いて~を繰り返して血圧を測りますと...上が110、下が78。
おっしゃー!根性でクリアー。
今年も私より先に献血を始めた人を余裕で追い抜きジュースと歯磨き粉をゲットしノルマを達成しました。
ところで今年初めて渡された日赤の卓上カレンダー。
表紙含めて全部で13枚あるんです。
表紙には献血のイメージキャラクター(と言って良いのか?)である榮倉奈々という人の写真がプリントしてあります。
ところが2枚目以降からは淡々とひと月分ずつのが印刷されているだけ。
イメージキャラクターであるはずの榮倉ちゃんが一枚目だけなのか理解に苦しむ。
全面じゃなくても芸能人水泳大会でアイドルが歌っている映像が画面の端っこに丸で囲って流れますがああいう感じで12ヶ月全部に入れるのが普通だと思うんですけどね~、日本赤十字社のすることは本当に訳が分かりません。
日赤のことは置いといて、そう言えば今回の献血は受付以外は全員女性だったな~。
毎年こうだと献血する方も嬉しいんだが。
女性だらけになって男なんか消えちゃえばいいのに...アカンアカン。
男がみんな消えたらオイラも消えちゃうじゃねえか。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/487-418730b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。