親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪縛を知る

加藤浩次が日本人男性の約4割が着座排尿をするというニュースに怒っていました。
説明しよう。
着座排尿(フリーアナウンサー梶原しげる命名、多分...)とは男性が洋式トイレにおいて排尿する時立ってではなく座ってすることをいう。
以前、今度大阪府知事選に出馬する橋下弁護士も男は立ってすべきだと怒りまくっていました
実は両者の主張の根底には共通点があります。
奥さん(もしくは母親)からトイレが汚れるから座ってしてほしいと頼まれて、それに従うという男性に対して怒っているようです。
立ってするのが男のプライドなのかどうかは知りませんがちっちゃいプライドですね。
そんなもんで男をアピールしても仕方ないと思うんですが...どうもそうではない人もいるようですね。
私は完全に着座排尿派ですね。
そして、私は自分の意思で着座排尿を実践しています。
私の場合はトイレが汚れやすいという理由以外にもうひとつ、立ってやると必ず自分自身に跳ね返ってくることを避けるため(ということは以前書きました)。
意外にというか当たり前のコトなんだがと言うべきかわかりませんが、立ってやる男性のズボンにはほぼ100%跳ね返りのしずくがかかっています。
ですから今後女性は、日本の半分以上の男性の下半身には必ずおしっこが付いていると思って接してください。
いつから男性が立ってやるのが当たり前みたいなことになったのか分かりませんが時代も変わったのだからそればかりにこだわると時代に取り残される結果になりかねないんだけどね。

爆笑問題のニッポンの教養という番組あることを以前紹介しました。
12月4日放送のゲストは一橋大学の名誉教授で田中克彦という社会言語学者。
少しだけ言葉に興味があるへいたとしてはたいへんに面白く観ました。
心に残った言葉は言語が行動を支配する、あるいは社会は言葉によって動かされる、この二つはほぼ同じ意味だと思っていいでしょう。
え?言葉で行動が支配されている?
んなバカなこと言っちゃあいけないなんて思われたかもしれませんが結構(というよりもかなりの部分で)私たちの行動は言葉によって支配されていると思ってもいいでしょう。
たとえば~、番組の中で田中先生はおっぱいの例を出されていましたので、その番組の中で実際に話されていたこととは違う内容の事をかいてみましょう。
おっぱい...私はその頃は生きていませんでしたが昭和30年代くらいまでは人目のある場所で赤ちゃんに母乳を与えるというのはごく普通の光景だったようです。
要するにその頃以前の日本では乳房そのものが脚光を浴びるなんてことはなかったんですね。
それが証拠に和服って胸の大きさを強調するようなデザインにはなっていません。
それがなぜか平成になって巨乳という言葉が登場するのとほぼ同じ時期に巨乳アイドルがどんどん登場します。
(今でこそそんな話は出なくなりましたが胸の大きい女性は頭が悪いなんてチョー失礼なことも言われていました。つまり以前は胸が大きいというのはマイナスイメージだったわけです。)
巨乳という言葉により胸の大きい女性が胸を張って闊歩できるようになった、これって言葉が支配していると言えないでしょうか。
カエルとか蜂の子など一般的には珍味、もっというならゲテモノに分類される食材ですがこれらを食べない理由ってなんでしょうか。
これ普通に調理して食べればまず死ぬことはないしタンパク源にもなります。
じゃあなぜ私たち日本人は食べない人が多いのでしょうか。
それは簡単です、気持ち悪いから。
気持ち悪いというのはイメージです。
イメージとは何かというと、小さい頃から植えつけられた感覚ですね。
何を美しい、あるいは醜いと思うかは小さい頃からどういう感覚を教えられてきたかどうかできまります。
じゃあどうやって教えてこられるか、当然言葉ですよね。
これは美味しそうだね、これは気持ち悪いね、これは怖いね、これは面白いね。
全て言葉によって徹底的に教え込まれます。
そうして行動が決定されてしまうのです。
最初にあげた男は立っておしっこをするものだ(しなければならない)というのも子どもの頃から植えつけられてきたイメージ。
放っておけばいろんな格好でしたことでしょう。
排尿行動ひとつとっても言葉に支配されているということがよく分かりますね。
言葉によって進化してきた人間が言葉によってがんじがらめに支配されているなんて面白いもんですな。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/473-53f19406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。