親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

返し技

以前(たしか8月くらい)通っている病院でよく顔を合わす年の頃なら70代後半のご婦人のことを書いたことがあります。
この人からガムを頂いてその時にちょっとした会話をしたんですがその時に「あなたハンサムよ」と言われたとここで報告しました。
さて、そのご婦人と今日もちょっとだけ話をしました。
「最近いやな事件が多いわねぇ」
そうですね。
「あんたも気をつけないと。」
????
「あんたハンサムだから狙われるかもよ。」
...一体何に狙われるのだろうか。
私もイケメンではありますが過去にストーカーから狙われたことなんてありません。
ほんとこの人オイラに気があるんじゃなかろうか。
一応ちゃんと結婚して子どもも二人いるからな~。
あれだ、デートくらいならしてもいいぞ。
...イヤイヤイヤ、そうではない。
今日私がテーマにしたいのはそういうことではない。
ましてやオイラがイケメンだということを自慢したいわけでもない。
(本当ですよ、いや、マジで。)
正直、私は自分のことをイケメンだと思ったことはありません。
もしも思っているんだったらもっと積極的に女性に話しかけます。
だから件のご婦人が私にハンサムだと言ってくださっていても目が悪いのかもしくはお愛想で言っている(簡単に言えばお世辞ですね)のかのどちらでしょう。
どちらにしてもいわれて悪い気はしませんが困るのはその時の答え方。
私はそんなときにはイヤイヤイヤイヤと言うようにしていますが(って言うよりそれしか言葉がでない。いかに言われ慣れていないか分かります。)これってどうなんだろうか。
何言いたいかわかりますか?
えっとですね、逆考えてみればいいと思います。
メッチャきれいな人がいてその人に本心から「おきれいですね~」と言ったらその人が「全然そんなことないですよ~」と答えたらこっちはどう思うかってぇことなんですよ。
もしも私がそんな風に答えられたらこいつ、本心では自分は美人だと思ってるんだろ!なんて思うかもしれない。
ね、こんな時の答え方って難しいでしょう?
皆さんもイザという時のために考えていた方がいいですよ。
ということでオイラも考えてみます。
例えば欧米のように素直に喜ぶってぇのはどうでしょうか。
あなたハンサムですね。
「うぁ~、そんな風に言ってくれてありがとう。僕はこの気持ちをどんな風に表現していいのか分からないけれど、本当に感謝しているよ。」
...なぜかは分かりませんがちょっとムカつきます。
自分で考えておいてムカつくんだから本当にイヤなんでしょう。
手を替えてギャグで返すとかいうのもありかな。
あなたハンサムですね。
「イヤイヤ、半分サムじゃなくて全部へいたです。」
...ギャグとしてイマイチだな。
これ言って相手が分かってくれるかどうかも疑問だし。
ここはひとつ井戸端会議風にいってみるか。
あなたハンサムですね。
「またまたまた~、奥さんったらお上手ですね。」
本当にそう思っているのよ。
「いやあ、奥さんにはかなわねぇや。白菜おまけしときますよ。」
八百屋になってしまった...。
下手の考え休むに似たり、これまでどおりイヤイヤイヤイヤで通すことにします。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/468-e00622ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。