親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくきけ!

牛に引かれて善光寺参り(うしにひかれてぜんこうじまいり)
自分でやりたくてやったことでもないのが縁で偶然いい結果に導かれること。
意味書いていてふと思ったんですが皆さんこういう意味で使っているのだろうかと。
(そもそもこの文句使っている人をあんまり見たことがないんだが...)
たま~に使っている人がいても「子どもに連れられてきただけで、ほんとうに牛に引かれて~ですわ」なんて使い方だったりするわけですな。
だから本来の意味で使っている人って見た事がない。
ということでこの言葉のお話を書いてみましょう。
とあるところに(って言ってもたぶん善光寺まで歩いてでもいける所だろうが)仏も神も信じないおばあさんが住んでいました。
このおばあさんが織りあがった布を川にさらしていると一頭の牛がその布を角に引っ掛けて走り出した。
おばあさんは慌ててこの牛を追いかけいったらこの牛は善光寺のお堂に入っていった。
おばあさんも続けてお堂に入っていったら牛の姿はなく白い布は観音様の首にかかっていた。
ここにこうやって来たのは観音様のお導きだと気付いたおばあさんは信心深くなり幸せに長生きしたそうです。
な~んてのが伝えられている話なんですがホンマかいな!突っ込みたくなります。
まあ伝説なんてほとんどそういうもんですけどね。
とりあえずこのことわざ使いたかったら間違わないようにしましょうというお話でした。

東京のJR東中野駅で大学院生が電車に接触して死亡したらしい。
詳しい状況は分かりませんがイヤホンでラジオを聴いていて背後から来る電車に気付かなかったということだそうです。
電車に接触するくらいだからおそらくホームの端ギリギリに立っていたのでしょう。
そんなところに立っているだけでもどうかと思うのにその上耳をふさいでいる状態だったんですから死んでもおかしくありません。
例えるなら目をつぶったまま何の助けもない状態で横断歩道を渡るようなもんです。
この大学院生に限らず街中で耳をふさぐというのは大変に危険なことだということは幾度となくこの親トホで書いてきました...ぁ、書いていなかった、ごめんなさい。
1979年のウォークマン(SONY)発売以来、常に音楽を聴くというスタイルが確立されてそれはiPodの発表で加速が付きました。
ただそれは外界の音を遮断するということでこれが非常に危ない。
車を運転される方なら経験があると思うんですが、カーステを一寸音量を上げて聴いていたら緊急車両が近づいてくるのに気付くのが遅れたなんてことがありませんか。
前方なら目があるからまだ大丈夫ですが(最近はこれすら危うくなっていますがこの件についてはあとで書きます)前方以外(つまり上下左右と後方ですね)からは全く情報が入ってきていません。
ですから前方以外から危険が迫っていても気付かない可能性が高いということになります。
(加えて難聴になる危険性もあります。)
これでも充分に危ないのに最近は携帯メールというのが加わりましたからさあ大変です。
耳からはiPod、目からは携帯メールというのがいかに危ないか分かりますよね。
歩いているだけなら危ないのはほとんど本人だけだから勝手にしとけって感じですがこれが自転車だったら迷惑この上ないことですわ。
私あれ街で見かけて何度蹴飛ばしたいという衝動に駆られたことか。
(↑危ないへいた)
アメリカのとある町では腰パン禁止にしているところもあるというから日本でも条例かなんかで公道上での携帯メール禁止にしてほしいわ。
そうそう、iPodといえば私は正直あれをそんなに評価していません。
弟が持っているのを無理矢理に聴かされたことがありましたがいい音だとは思いませんでした。
(たまたま元のCDがアカンかったとか録音のやり方がイカンかったということでそうなっちゃたのかもしれませんがね。)
そんな物欲しいとも思えんし、だいたいみんなそんなに音楽が好きなんかね?
私の周りに「私音楽大好きです!」なんて人ほとんどおらんぞ。
半分ファッションなんだろうな~なんて...アカン話がそれすぎた。
ということで町を歩く時は五感を研ぎ澄ましましょう、って無理矢理な終わり方だな。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/465-bb813999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。