親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐古趣味?いえいえ

ここ5年くらい行っていないんですが以前耳鼻科に何回か行ったことがあります。
先生から鼻の中を診られて「あ~、鼻がつまっていますね」みたいなことを言われて「え、そうですか?私そういう感じはないんですけど」と答えたら「だから困るんですよね~」と言われたことがありました(ということを前も書いた気がする)。
まあ、要するに鼻炎持ちだと認定されたんですな。
そん時だったと思うけど寝る時にマスクをするように勧められたわけです。
どゆことかというと鼻炎持ちだと寝てるときに口をあけていることが多い。
(私も実際にそうしていることがあります。)
口をあけて寝ていると口の中が乾燥する、喉にも鼻にもよろしくない、ということですな。
もっと悪くするとカゼを引いてしまいます。
そう言えば高校にいたときに陸上部の人たちがいつもマスクをしていましたがあれはそういうことだったのねと卒業してから15年以上も経った頃納得してしまいました。
早速調剤薬局でマスクを購入、その日の晩からマスクを着用して寝ることにしました。
しかし、起きるとマスクはあごの下に...寝相が悪いためか、それとも無意識のうちに手でずらしてしまったのかは分かりませんがマスクが全く用をなしていなかったのです。
それから一週間ほど続けましたがマスクをするだけムダだということがわかったのでやめてしまいました。
そんなことすっかり忘れとったんですが昨日床屋に行った時にその話になりまして今は寝ててもずれないマスクがあるという情報を店員さんから聞きました。
床屋から出たら近くのディスカウントショップへ息子とともに直行!
そのディスカウントショップの入り口近くで私が見たものは山積みにされたプラスティック製の湯たんぽ......湯たんぽ?
湯たんぽ(湯湯婆)といえばA4サイズより一回り大きい容器(金属、陶器)の中にお湯を入れてそれを布かなんかでくるんで寝る時に足元に置いとくというあれです。
あれって電気あんかに代わっていったと思っていたんだが違うのかしら。
っと、あんか(行火)をご存知のない方のためにこれも説明しなければなるまい。
湯たんぽってお湯を使っていましたがあんかは炭(木炭、炭団、豆炭)を使っていました。
だからこれもちゃんと厚手の布にくるんで使っていました。
(因みにあんかの小さくなったのが懐炉です。)
現在は電気を使っていますから湯たんぽも昔ながらのあんかも全て電気あんかに変わってしまったと思っておったんです。
(もしかすると電気あんかよりも電気毛布使う人のほうが多いかもしれませんね)
それなのに山積みの湯たんぽです。
どういうこと?
実は今湯たんぽが売れているんだそうです。
原因は原油高。
原油の高騰のた為に光熱費を抑えようとする人が多くなっているようです。
あんかも電気毛布も電気を使いますからこれではアカン。
それでお湯を入れるだけで暖かい湯たんぽを使いましょうということですね。
お湯沸かす時に燃料使うから一緒なんじゃないの?と思われるかもしれませんがそれは違います。
お湯沸かすっつってもせいぜい5分くらいのもんでしょうけど、毛布でもあんかでも電気使うヤツだと最低でも1時間はつけとくもんだろうし、切タイマーのないやつだと一晩中付いていることになります。
ところが湯たんぽだとお湯沸かすだけだから光熱費はそれほどかからないし、お湯を入れた瞬間からゆーっくりと湯温が下がっていきますから肌にもよろしい。
お肌にも環境にも優しい湯たんぽ、いいこと尽くめですね。
今、オフィスで使っている女性もいるらしい。
お湯は会社の給湯器から調達(←コラコラ)、ずーっと電気マットやなんかを使われること考えればこれくらいはいいんじゃないでしょうか。
ちりとてちんじゃないけどそのうち毛糸パンツやら腹巻が流行りだすかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/454-0477a70a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。