親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちりとて豆情報

風邪は万病のもと(かぜはまんびょうのもと)
風邪はありとあらゆる病気のもとであるから、たかが風邪とあなどってはいけないということ。
風邪は百病の長とも。
風邪をひくとたしかになんか別の病気の引き金になることもありますが、私は別のことを考えました。
そう、実は風邪だと思っていたら全然別の病気だったってこと。
例えば花粉症。
くしゃみと鼻水が止まらないから風邪だと思ってたら実は...なんてとこです。
あといろいろありますから、調べてみると面白いかもしれません。
そう言えば太郎(小5)の虫垂炎の時も吐き気がして熱が出てってちょっと風邪っぽかったしなぁ。
風邪とは関係ないがいろんな婦人病にかかった時に「それってきっと更年期よ」なんて勝手に決め付けて事態を悪化させる例が(本当は怖い家庭の医学では)多いのでそのくらいの年齢の女性の方、ホンマ気をつけてください。

テレビもラジオも小沢代表辞任の話題で持ちきりです。
(まあ、この親トホも例外ではないわけだが)
野党第一党とは言えたかが一政党の代表が辞任しただけのことになんでこんなに大騒ぎするんだろうか。
総理大臣が辞めたちゅうのなら外交の問題もありますから慌てふためくのもまあ分かる。
しかし国政上何の権限もない野党党首が辞めても誰も困らんと思うんだが何でこんなことになるんやろ。
マスコミもよっぽどネタに困ってるんだろうな~。
さて、私はそんことに関わりあっている場合ではありません。
NHKの朝の連ドラちりとてちんがらみであれこれと情報が入ってきました。
徒然亭一門で現在出ているのは草若草々小草若の三人。
ア、ちょっとわき道にそれます。
あのですね、今更ながらという感じで恥ずかしいんですがようやく気付きました。
徒然亭一門の名前、必ず草がつきます。
そうです、徒然草からもってきているんです。
てなわけで今更ながら情報でした。
えっと草若と早々を演じているのは普通の俳優さん(渡瀬恒彦青木崇高)です。
小草若は草若の息子ということになっていますがこれを演じているのが茂山宗彦
これが驚くなかれ、狂言師です。
いろんな仕草が妙にうまいと思ってたんですよ。
でも狂言師が「そーこーぬーけーに」なんて言ってていいんだろうか?
(しかし流行るんかなこのギャグ)
そしてもう一人、まだ出てきてはいないんですが草若の一番弟子の草原
これを演じるのが本物の現役落語家桂吉弥
他にももう一人本物の落語家さんが出ていますが本物の落語きくとやはり上手いですね。
喜代美の子ども時代におじいちゃんから落語のテープをきかされるんですが、私最初これきいた時にあんまり上手くないな~なんて思っていたんです
で最近気付いたんですがこれの演者は徒然亭草若、つまり渡瀬恒彦。
落語家でないとはいえ渡瀬恒彦はベテラン俳優です。
普通のそのへんの人に落語させるよりはお上手ですがプロの落語家さんに比べるとやはり少々落ちます。
ヘタすると若手の落語家よりヘタかもしれません。
そう言えばタイガー&ドラゴンというドラマがありました。
西田敏行林屋亭どん兵衛という落語家を演じていましたが落語をするシーン、最初のころは何で?というくらいヘタッピー。
しかし話も回を重ねていくうちにだんだんと上手くなり最後は風格まで出てきて本物の大御所落語家と思えるほどになりました。
これがプロの力かと思い知らされましたね。
渡瀬恒彦もプロの役者、ひょっとするとこのドラマの終わり頃には大化けするかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/434-17495bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。