親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロンウェ~

いやあ、10月31日になってしまいました。
今年も残すところあと2ヶ月なのか、早いな~なんてあちこちのブログで書かれてるんだろうな~。
よし、他のブログとは変わったところを書いてみましょう。
本日10月31日はあのの誕生日です。
というのはDEATH NOTEに出てきたLですね。
あの男の誕生日なんだそうですが、だから何なんだという感じですか。
DEATH NOTE、死神、お化け、ハロウィン...ア、今日はハロウィンだった。
(ちょっと無理矢理でしたが)

そういうわけでなんとなく日本でも浸透してきているハロウィンです。
クリスマスと言いバレンタインデーと言い本来の意味も知らずにバカ騒ぎしている日本人を見てると嫌な気持ちになるんですが本日ハロウィンもそのひとつ。
クリスマスとバレンタインデーの意味は知っていてもハロウィンが何か知らずに仮装パーティーしている人も多いんじゃないでしょうか。
ということで本日はハロウィンに鋭いメスを入れてみたいと思います。
(↑メスまでは入れんでいいと思うが...)
ハロウィンというのは大雑把に書くとお盆キリスト教版という感じでしょうか。
明日11月1日は万聖節(ばんせいせつ)とされています(諸聖人の日ともいいます)。
キリスト教のお祝いで全ての殉教者と聖人のことを祝う日です。
でこの万聖節のことをハロウマスなんて言っていてその前日である10月31日をハロウイブと読んでいたのがいつの間にかなまってハロウィンになったという話です。
で、11月1日が万聖節、11月2日は死者の日ということで正確には10月31日~11月2日がハロウィンということになります。
この時期には死者の魂がこの世に帰ってくるんですが死者の魂と一緒に悪霊(魔物)も一緒にやってくるので生きている人間が魂を抜かれないようにああいう仮装をするんだそうです。
さて、ハロウィンといえばウインクの淋しい熱帯魚ですが(イヤ、それはハートオンウエーブですから)、やっぱりカボチャを忘れてはいけません。
あれは元々はカブを使っていたらしいんですが北米に渡った移民がそこで簡単に手に入るカボチャを使い始めたらしいですね。
あのカボチャキャラにもちゃんとした名前があるそうなので興味のある人は調べてみてくださいね。

ということでハロウィンはクリスマスと同じくらい宗教色の濃いイベントであることが分かりました。
日本人がクリスマスとかハロウィンでバカ騒ぎするっちゅうのは例えば天皇誕生日とかお盆の頃もしくは彼岸の頃に外国で「天皇誕生日コングラチュレイシュンズ」とか「お盆タノシミマショウ」なんて言って騒いでいるのと同じことじゃないんだろうか。
西欧諸国からそのことで苦情が来たことはないと思うのでまあ、問題ないとは思いますが、そのイベントを楽しみたいのなら最低でもその行事の持つ意味を勉強してもらいたいと思う今日この頃です。
勉強した上でバカ騒ぎするのならとやかくは言わん。
日本国内は宗教関係に関してはおおらかなので仏教徒でありながら初詣で神社に行ったりしますからそんなに深刻に考えないかもしれませんがあちこちの紛争を見るとその背景には宗教問題がからんでいることが多いので(と言うかほとんどがそう)世界的には軽い問題ではないんですね。
だからこそもっと真剣に考えて欲しいなと思うんですが...やっぱ楽しいのが一番ですね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/429-83964b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。