親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不憫よの~

広辞苑が話題になっています。
10年ぶりの改訂(第六版)を行い収録項目数も24万項目だそうで、かなり充実してきましたな。
発売は来年の1月11日ですからこれを機会に皆さんも購入されたらいかがでしょうか。
え?お前は買わないのか?
私は第三版を持っているからいいです。
あんな分厚い物二冊もいりませんよ、ってゴメン>岩波書店
さて、注目の新録の言葉ですが、メタボリック症候群ブログワンセグ京都議定書ニート等等。
よく耳にする言葉が並んでいます。
ちょっと意外だったのはイケメン
これっていけ面って書くらしい。
私はてっきりいけてるメンズということでイケメンだと思ってたんですがどうやら違ったようです。
プチイケメンのへいたとしてはちょっと迂闊でした。

さて、イケメンといえば最近話題なのは青木堅治です。
名前だけではピンとこないかもしれませんが花田美恵子さんとの不倫を告白したイケメンタレントさんですね。
男女の仲のことをあれこれ書くのはいやなのでスルーしていたのですが不倫を暴露してしまう人間の心理ってどんなものなのか考えるのも面白いかなと思って今回ちょっととりあげてみました。
ちょいと古い話になりますが姫野由美子議員の不倫騒動というのもありました。
これも元不倫相手が暴露したというなんともトホホなものです。
不倫は許されることではありませんが、だからといって相手の承諾もなく勝手に公表するのはいかがなものなんでしょうか。
公表すること自体法的には何の問題もないと思うんですがそれでも人としてどうかという話ですよ。
でも何で公表しちゃったんだろう。
もしも私がその立場だったら...やっぱ墓場まで持っていきますね。
だって格好悪いもの、
そうね~、なんちゅうかラブホから出てきたところを誰かに見られたみたいな後ろめたさとでも言うんでしょうか。
勘違いしないで頂きたいのは別に性行為そのものが悪いといっているわけではないのです。
性行為が悪いというのであれば結婚制度そのものがアカンということになりますからね。
結婚というのは社会的な制度だしそうすることが前提ですからあって当然なんです。
(ぼかして書くのって結構難しいな。)
お互い独身同士の婚外交渉というのもまあよしとしましょう。
問題は不倫なんです。
読んで字のごとく人の道から外れることです。
で、不倫関係といえばほとんどの人はあっちが目的だけの関係なんじゃネーの?なんて見てるわけですよ。
結婚って言葉を聞いてもそうは思わないのに不倫って聞くとどうしてもそっちを連想しちゃう、言葉のマジックってヤツでしょうか。
そういう世間的な認識の中で私はこの人と不倫関係です(もしくはでした)って言うってことは(どちらかの)家族を裏切ってこの人とやっちゃってますって言っているようなモンなんですね。
それが恥ずかしいっちゅうんです。
それでも暴露しちゃうんですからどういう心理状況なのかというのは興味をそそられますな。
まあ第一に金欲しさ。
姫野議員の元不倫相手の人は実名も出しちゃっていますから(実名出しても顔隠しているから往生際が悪いなーとは思いますけどね)失うものなんてないんでしょう。
で、名前出しても人気が出るわけでもない、ということでお金目的決定。
大体200万ってとこかな。
さて、青木さんです。
本人や事務所は否定していますが売名行為であることは間違いないでしょう。
百万単位のお金もらってもこれで一生食っていけるわけでもないしイケメン以外にとりえもないんでとりあえず世間に名前覚えてもらうなんてとこでしょう。
名前を覚えてもらうという目的は達成されましたが参加していたJACKJACKは解散しなければならなくなるし、参加予定だったバンドTRI△Bでの活動も白紙に戻るし、本当にそれでよかったの?っていう結末を迎えつつあります。
不倫を肯定するわけではありませんが不倫するにもやっぱり大人力が必要なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/428-188e7618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。