親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の花火

飼い犬に手を噛まれる(かいいぬにてをかまれる)
せっかく一所懸命面倒見たり可愛がっていたりしていた人から裏切られること。
私から言わせてもらえば、手を噛まれるのはやっぱ可愛がり方に問題があったとしか思えないですね。
可愛がっている人の本当の心が伝わっていなかったということなんだから、今まで可愛がってきたということでいいじゃない。

業務連絡です。
えっと、ありがたいことにこの間の記事子どもの敵宣言にいろいろ考えさせられるコメントを頂きましたがいますぐにコメントをお返しできる状況ではありませんので、申し訳ございませんが明日か明後日までお待ちくださいますようお願い申し上げます。

てなわけで八代の花火大会です。
正式な名称は「やつしろ全国花火競技大会」。
未確認情報ですが多分日本で一番遅い花火大会(テーマパークを除く)じゃないかと思っています。
名称から分かるようにいわば全国の花火師による新作花火の品評会です。
今年は九州内から8、九州外から22の合計30の業者から出品されました。
まあ品評会ですから余り多くは上がりませんし(今年は1万発)業者名とか花火の名称の紹介もしながらですから結構間があいたりしますが...。

我が家から花火競技大会の会場まで普段は片道40分なんですがこの日ばかりは1時間半。
ですから18時半くらいの競技会開始なんですが13時半に我が家を出発しました。
15時過ぎに会場周辺に到着した時には会場近くの公式駐車場はもう既に満車、仕方ないので一昨年発見した近くの○○の駐車場にとめに行きますがここも既に八割方埋まっていました。
来年は12時くらいには出発しなければアカンかもしれん。
そこから会場までは15分くらい歩かなければなりません。
ただ歩くのならそこまで苦痛ではありませんが防寒着、寝袋、シート、飲み物、夕食などなどを持っていきますから結構たいへんです。
会場に到着すると設営状況が昨年とは違っていました。
ですので今年も土手の上に陣取り冷たい風に吹かれながらの観賞となってしまった。
まだ明るいうちから(16時くらい)大勢の人がぞろぞろと本部のほうへ歩いていきます。
大体がツアー客の人たち。
八代花火大会ツアーというのを各旅行社が企画していてこれに申し込むと弁当食いながら打ち上げ場所のほぼ真正面の席で花火を見ることができます。
このツアー客の人たちが今私たちの眼下をぞろぞろと歩いていくのです。
17時くらいに目算で数えてみました。
バス1台当たりの乗客数が大体50人。
バスの台数を数えてみると10、20...120...120!?
ということは50×120で600...じゃなくて6000人。
なんとツアー客だけで少なくとも6000人が来ています。
ヒエ~去年より増えてるジャン。
気のせいか仮設トイレも増えているような感じです。
場内放送によると仮設トイレの数は350だったようです。
それでも既に長蛇の列が...そらそうだろう、確実に去年より人が増えているから。
私が三年前に初めて来たときにはほぼ本部前のところに場所を取れていましたから絶対に増えているって。
さて、来場者数の余りの増加のために悲劇に見舞われた団体がありました。
どっかの学校(中学校だったと思う)の和太鼓部が交流イベントで太鼓演奏をするはずだったのにこの渋滞に巻き込まれて結局間に合わず演奏できませんでした。
指導者の準備不足なんだろうけど、やっぱこの渋滞は想定外だったんでしょう。
私もずーっとツアー参加者をみていましたが競技開始直前に到着したところもありましたからね。
このときにもう一回ツアー参加のバスを目算しましたがおそらく150台。
ということで少なくとも7500人がツアーに参加していますね。
(でも1万人くらいはいたかもしれん。)
そしてツアー、フリーの観客数総数は全部で25万人(主催者発表)。
8掛けで20万人としても20万人で仮設トイレ350基(ってか仮設トイレの助数詞ってでいいのか?)を使うのはちょっと無理があるんじゃないだろうか。
さて、肝心の花火のほうなんですが文章で表現するには無理がある。
とにかく力作揃いでなんつっても音楽とシンクロさせたミュージック花火は圧巻。
今は花火の発射はコンピュータ制御でできるようになっていますから音楽のアクセントの部分と発射、破裂を上手く合わせています。
もう、これをみるだけでもいいと思う。
あとは実際にみてもらうしかないですね。
さて、この花火大会に行くのに注意事項があります。
お弁当とか飲み物とか忘れても大丈夫ですが防寒対策だけは絶対にしていってくださいね。
河川敷ですから昼間少々暑くても夜は絶対に冷え込みます。
今年ウチはシート敷いてその上に銀のなんかが貼ってある防寒用の敷物広げてその上で寝袋にくるまっておまけにひざ掛け用の毛布まで持っていって、コートも着込んでいたのにめっちゃ寒かった。
来年は懐炉が必要かも知れんな。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/419-c2525865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。