親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ考

金の切れ目が縁の切れ目(かねのきれめがえんのきれめ)
お金でつながっていた人間関係はお金がなくなれば切れてしまうということ。
そういう人ばかりだとは信じたくありませんがこういう諺があるということはやはりいるんでしょうね。
確かに宝くじが当たったとか有名になったらいつの間にか親戚が増えていたという話も聞きますからお金を持っていそうな人に擦り寄るという人は少なからず存在するんだろうな、今も昔も。
なんちゅうか人として情けないね、プライドはないのかしら。

イカン、ちりとてちん二週目にしてウルウルしてしまった。
内容はここでくどくどは書きませんがあれはダメだな。
涙腺の弱くなったオイラの目はすぐに涙目ですよ。
それにしても今週ずーっと番組内で出てきた五木ひろしのふるさと
作詞山口洋子、作曲平尾昌晃で1973年にシングル発売されました。
大ヒットはしませんでしたがオリコンでは40週にわたってチャートインした名曲です。
(歌詞書くと著作権の関係でややこしいことになってしまいますから省略します。)
私の母が五木ひろしファンだったので(今もそうかどうかは知りませんが)LPに入っていたこの曲をよーく聴いていましたよ。
だから今でも1番くらいだったらソラで歌えますぜ。
ところで、何で五木ひろしなんだろうか、と疑問に感じるのは普通の反応です。
ということで早速検索(するまでもありませんでしたけどね)したところ1週目2週目のドラマの舞台が福井県小浜市、五木ひろしの出身地は小浜に近い美浜町。
なるほどなるほど、ひとつ勉強になりました。
しっかしたかが朝の連ドラでここまで夢中になるとは思わんかったよ。
和久井映見の演技もなかなかのもんだし(期待してなかっただけにねぇ、ってオレだけかもしれん)36歳だとも思わなかったよ。
歌も結構上手いしホンマ意外な発見が多い今回のドラマです。
大阪に旅立った主人公、うちの子どもたちも続きを楽しみに待っています。
しかし我が家全体で気になっているのは主人公のクールな親友野口順子です。
なんとなく知り合いの奥さんに似ているし(←関係ないだろ!)なんつってもちびまる子ちゃんの野口さんと苗字が一緒というのも...おそらく偶然ではないと思いますけどね。
実際のところどうなのかは脚本家だけにしかわからないことですが。

NHKのドラマといえば刑事コロンボです。
(↑相変わらず無理矢理なへいた)
とうとうディアゴスティーニがやりよった。
隔週で刑事コロンボ解説をこの10月に発売。
いくらコロンボ好きの私でもその手にはのりませんよ。
ということで定期購読を申し込みました。
結局その手にのってしまった...。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/411-1712be74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひまつぶし

「ひつまぶし」と書いてあるのを「ひまつぶし」と読むことはあっても、「ひまつぶし」を「ひつまぶし」と読んでしまった人は重症である。 NHKの朝ドラ、ちりとてちん愛好お仲間の...

  • 2007/10/14(日) 15:53:13 |
  • Always Walking with Yu

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。