親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金色の海

同病相憐れむ(どうびょうあいあわれむ)
同じ失敗をした人の集まり、もしくは同じ境遇で苦しんでいる人同士で同情すること。
あるいは似たものは自然と寄り集まる様子。
もともとは否定的な意味ではなかったんですけどね、やっぱ同病という字面がそう思わせるのかね。
出典は後漢の頃に書かれた歴史書呉越春秋(闔閭内伝)。

さて今日は旧暦九月一日、衣替えです。
(以下全て旧暦で書きますから間違わないように。)
暦上の衣替えは年に2回、四月一日と九月一日。
九月といえば晩秋、あとひと月で冬ですよ。
どうりで寒いと思ったよ、やっぱ夏服ではちょっと肌寒く感じるね、なんて書きたかったんですが、なんじゃこの暑さは。
まだセミが鳴いてるっちゅうねん。
昼間なんて外いるとチョー汗かくし、風が吹いても秋の気配なんて全然感じないし、コスモスもあんまり咲いていないし、やっぱ地球温暖化の影響なのかね~。
とは言えあちらこちらで稲刈りが盛んに行われています。
(盛んって言うのも変ですけど...)
私が小さい頃は鎌で刈っていました。
そうですね、親戚や近所の人にもお願いして大人子ども合わせて10人位でやっていましたかね。
私なんか一度に一株刈るのでいっぱいいっぱいでしたが父や他の大人達は二株まとめてザックザックと刈り取っていきます。
稲刈りが終わりある程度乾燥させるわけですがここから記憶が曖昧なんで間違ってたらごめんなさいということでお付き合いください。
この乾燥させるのにイネコヅミと言ってイネをサイロ型に積み上げる作業をします。
遊牧民族がテント張ってますがあんな形ですね。
大体大人の背丈くらいの高さまで積み上げます。
こうやってしばらく天日で干して乾燥したら今度は脱穀です。
脱穀機ってどのくらいの大きさだったかな~、高さは大人の胸くらいでしょうか。
それの端っこから乾燥させた稲を順番に流して反対側から出てきたら稲からモミだけが落とされています。
まだ残っている時はもう一度通すことになります。
さて、この脱穀機の動力源は耕運機です。
耕運機のエンジン部分の横のところにある出っ張りと脱穀機の間にベルトを渡すと動くという寸法、まあ上手くできているもんです
この脱穀という作業も稲刈りと同じく人海戦術でやっていましたね。
稲刈りは二日がかり、脱穀は一日で終わっていましたがどちらも終わった後は大宴会していたかな。
参加人数が多かったので参加者とその家族も加わりますから本当に大宴会でした。
さて小学高校学年になるとバインダーというものが登場します。
バインダーというのは書類を綴る文房具ではなく稲を刈る機械のことですね。
2条ずつ刈り取りある程度まとまったら紐で一くくりにされたものが通ったあとに倒れています。
人間はこれを広げた状態にしてその場に立てていきます。
このバインダーが入ってから作業者は半分ですむようになりました。
とは言え脱穀は今までどおりですからこのときだけは多くの人が来ていました。
さて、私が高校になったくらいについに家族プラス一人だけで稲刈り~脱穀ができるようになりました。
コンバインの登場です。
これは稲を刈りながら脱穀までしてそれを袋詰めまでするという優れもの。
ウチにはコンバインを買うようなお金はありませんでしたから持っている人に頼んでやってもらいます。
これだと少人数でしかもほぼ半日で終わってしまいますから本当に楽です。
そしてこのコンバインを持っている人がモミの乾燥とかを全てやってくれますからあとはお任せですね。
ぶっちゃけ書いてしまうとこのコンバインを持っている人に田植えから全てお願いしています。
つまりウチの父がやっていることは田起こし(冬を越した固くなっている田んぼを耕して肥料を入れたりすること)、代掻き(田起こしした田んぼに水を張って平らにして田植えができる状態にすること)と田植えが終わった後の水管理や草取りくらいですね(ウチは農薬散布はしていません) 。
だから昔に比べればチョー楽になったんですよ。
でもね、田植え、稲刈り後の大宴会はなくなりました。
参加者が家族プラス一人だけですから軽い夕食会といった感じです。
便利な世の中にはなりましたが大宴会を知っている世代としてはちょっぴり寂しかったりするかな。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/409-d221ed7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。