親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物じゃ~な~

蛙の面に水(かえるのつらにみず)
蛙は顔に水をかけられても全く動じない様子から、どんなひどいことをされても平気なこと。
どっちかといったら「蛙の面に小便」のほうをよく使いますね。
自分も蛙ぐらい、いや蛙以上に鈍感というか厚かましいかなと思います。
だからかストレスとかとは無縁ですわ。
今肩こりとかありますけどもしかしたらこれがストレスの結果かもしれませんが、仕事が辛いとか感じたことが無いんですよね~。
じゃあ、この肩の痛みって何?
もしかして....。

さて、子育て世代としては少々耳の痛いニュースがありました。
マンションの上の階に住んでいる家庭の幼児の騒ぐのがうるさくて精神的苦痛を受けたという男性の訴えが認められて、幼児の父親に36万円の支払いを命じる判決が出されました。
この文章だけだったら、子どもはある程度うるさいんだからちょっとはガマンしろよと私も考えるんです。
ところがこの父親はうるさいと抗議してきた男性に向かって「文句があるんだったら建物に言ってくれ」なんてぬかしやがった。
バカモーン!(by細川隆一郎...って若い人は知らんか)
マンションに言ったらマンションが恐縮して完全防音になるとでも思ってるのか。
...イヤ、そういう問題ではない。
オマエが子どもを注意しろ!
オマエが注意せんのだったらオイラがぶん殴ってやる、もちろん子どものほうじゃなくオマエをだがな。
私もマンション(という名のアパート)に住んでいたしその頃うちの子は二人とも保育園児だったから苦労も分かっているが集合住宅に住むのだったらそれなりに気を使わんとイカン。
これは子どもがいるとかそういう問題ではなく例えば夜中の洗濯、掃除とかペットの有無、生活時間、テレビ、オーディオ、楽器などの音...挙げればきりがないんですがとりあえず周りに迷惑をかける元になるものはいっぱいあるわけだ。
それをいちいち気にしていたら生活できんですが周囲から抗議がきたらもしかしたら限度を超えていたのかも知れんと一旦は反省して客観的に見つめなおさんとイカンよ。
ワシもアパートの住んでいた頃は本当に気を使っていました。
夜寝る前になればドスンドスン飛び回るからその度に自分もいやになるくらい叱り飛ばしていました。
そんな状態がいやだったし、自分自身も周りが田んぼの中の一軒家で育ってきたということもあり、家を建てることになったんですが今子ども達がのびのびできているので良かったかなとは思っています。
さて、子育てしていて気を使うといえば家の中だけではありません。
外に買い物に出かけたり食事をしたりと、そんな場面はいっぱいあります。
最近ではなくなりましたが以前は買い物をしていて店内で走り回るなんてこともありました。
我が家ではそのたびにゲンコツをしていました。
これは当然躾ということもありますがとりあえず周りへのポーズでもあります。
「たったあれくらいでそこまでしなくても」と思わせればこっちの勝ちです。
これがゲンコツではなくちょっとした注意だったらどうでしょうか。
「なんて甘い親なんだ、だったら買い物に連れてくるな!」なんて思う人が出てくるかも、というのは考えすぎかもしれませんが、みんながみんな子どもに理解のある大人だけではないということをちゃんと肝に銘じておかないといつまでも子ども連れに冷たい世の中が続くんじゃないだろうか。
外出先では必要以上に厳しくしているためうちの子たちも外出先では驚くほどいい子です。
外食してても食事中に平気でウロウロする子ども達がいる中みんなが食べ終わるまでは本当に行儀よく座っています。
上の子(小5)なんかアスペルガー症候群なのに、ここにいる子ども達の中で定型発達なのはうちの子だけなんじゃないだろうかというくらい行儀の悪い子どもが多い。
ま、うちの子の場合は少し騒いだだけでもゲンコツが飛んでくるというのが分かっているというだけのことですが。
(本当のこと書くと最近ではうちの子だけではなく他人の子どもも叱るようになっています。さすがにゲンコツするようなことはありませんけどね。)
とにかく今、子どもが少ないからかもしれませんが子どもに対して大人が甘すぎる気がしてなりません。
公共の場所での子どもの扱いというものを社会全体で考え直したほうがええんちゃうか?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/402-ddb62cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。