親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天草コースの仕上げ

大恩は報ぜず(だいおんはほうぜず)
ちょっとした親切や恩にはちゃんと恩返ししないとと思うけど、大きな恩義には逆に気付かずに見過ごしてしまったり、あるいは気付いても恩返ししようとは思わないものだ、ということ。
例えば入院していてお見舞いを頂いたらちゃんとお返ししますが、その間心から支えてくれた家族には全然御礼をしないというようなもんです...ってちょっと違うかもしれん。

さて昨日の続きです。
いるかワールドで楽しんだ後はカレーです。
いるかワールドは天草市本渡町にありますがそこからもう少し西に向かったところに目的のカレー屋のある五和町があります。
カレー屋の名前は珊瑚礁
湘南のほうに同じ名前のカレー屋さんがあるらしいですがそことは全く関係ないようです。
ここの詳しい紹介はYAHOOグルメのほうにしていますのでそちらを参考になさってください。
てなわけでこの店に来るときの注意だけ。
(あっちにも書いていましたが)仕事や観光で次の予定が決まっている時はできるだけ避けたほうがいいようです。
注文してから出てくるのにちょっと時間がかかりますし、席の数もそれほど多くないのである程度並んで待つ覚悟でいなければなりません。
私は並んで待つのは嫌いなので今回もし行列ができていたら(1時間半かけて来ましたが)他の店に行くつもりでした。
幸い私が入店した時にはまだ席は空いていたので並ぶまでのことはありませんでしたけどね。
さて目的のカレーも腹に収めましたからいよいよ温泉です。
昨日も書いたとおり温泉の名はペルラの湯船ホテルアレグリアガーデン天草の経営する温泉ですね。
ホテルに到着してホテル内に入っていきますが温泉の表示はどこにもありません。
少し場違いな格好で受付のお姉ちゃんに聞きますと別館になっていて丘をもう少し登ったところにあると教えてくれました。
そこまでは車で上がれますが子ども達は目の前にある温泉に行くための階段を歩いて行こうなどと無謀なことを言うのでそれを叱り飛ばして(←コラコラ)無理矢理車に乗せ温泉の入っている建物の前まで行きました。
できたばかりらしくまだきれいです。
入湯料に千円プラスすると岩盤よくも楽しめると書いてあります。
脱衣所のロッカーは10円で使えます(がその10円すら払おうとしないへいた)。
浴場はかなり広くて開放感いっぱいです。
洗い場も一人分ずつちゃんと仕切られていまして、シャンプー、トリートメント、ボディーソープはアズマ商事の馬油シリーズです。
(洗顔フォームまでおいてありました。)
これがメチャクチャ良かったので帰りに買って帰ろうとしたらトリートメント1,000mlが五千円以上もするとんでもないものでやむなくあきらめることに。
話を欲情...じゃなくて浴場に戻しましょう。
大きな湯船がひとつ、小さめの水風呂、サウナ室、そしてかけ湯用のシャワーが二口。
外には一坪半ほどの露天風呂がありそこからまだ下へ続く階段があります。
その階段を素っ裸で下りていったところに一人用のつぼ型の風呂が4つ、ほど良い間隔で配置されています。
ここに浸かって頭上を覆っている木の枝の間から覗く青空を眺めていると、この空間全てを独り占めにしている感覚に陥ってしまいます。
ふと横に目をやると太郎(小5)もこのツボに浸かり空を見ながらボーっと足を伸ばしていました。
この一人用の風呂は丘の斜面に作ってありますからすぐ目の前にトンビが飛んでいるのを見ることもできるために開放感も倍増です。
ちょっと滑りやすいのさえ気をつければ本当に素晴らしい露天風呂じゃないかと思いますよ。
(冬場はどうするんだろうなんて疑問がふと頭をよぎりましたけどね)
ひとつだけ悪いところは水風呂が少し臭かった。
新築の建物の水道水って独特の臭いがしますがあれですね。
あれが少し鼻をつきますがそれはまあ許容範囲ではなかろうか。
泉質はおそらくアルカリ泉らしく風呂上りの肌はツルツル。
これで600円なら安いもの、1時間半かけて来ただけの満足感は得られたと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/385-996ef331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。