親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本とのワル

蛸は身を食う(たこはみをくう)
働かずに財産を食いつぶしたり、資金繰りに困った会社が資本を使ってしまうこと。
そして、配当するだけの利益もないのに架空の利益を計上して株主に不当に配当することを「タコ配当」と言うそうです。
蛸は何も食べるものがなくなった時に自分の足を食べてしまうと言う俗信からこの言葉ができました。
タコは敵から襲われた時にスミを吐いて逃げるのは有名な話ですが実は足を切って逃げることもあるんだそうです。
切った足は見事再生するので問題はないんですがちょっと困った話もあります。
実はタコって結構神経質な生き物で捕、水族館でも丸くない水槽に入れられたり水槽をたたかれたりするとノイローゼになったりするんだそうです。
で、この時にごく稀に自分の足を食ってしまうタコも出てくるという話です。
まあ、腹減った時に自分の足を食うという俗信はおそらくここから生まれたのでしょうね。
そうそう、思い出しました。
あいつらは軟体動物っていわれるくらいですから柔らかいんですがハンパネ柔らかいんですよ。
目の大きさの穴があればそこはすり抜けられるって言うんだから驚きです。
目ですよ、目。
所さんの目が点でも実験やっていましたがあれは衝撃でしたね。
そんなタコを食うんだから一番怖いのは人間でしょうか、なんてありがちな締めで終わってしまった。

さて、またまた農水相が変わりますね。
自分がトップをしている共済組合が不正受給をやっていた問題で辞任するんだそうで、もうこれは呪われているとしか思えない。
おまけに坂本外務政務官も架空の政治活動費の問題で辞任するという話だし。
とりあえずは自民党の議員総会を開いて「この中で何も問題のない人?」なんて聞いて手を挙げさせてその中から大臣選んだほうが早いんちゃうか。
そうすると若手議員しか残らなくなるかもしれんが大臣に就任してから1週間で辞任されるよりはマシだろう。
大体自民党の議員で何もかもすべてきれいな人って1割いるんだろうかなんて思っちゃいますね。
あの安倍さんですらおそらく何か後ろめたいことがあるに違いないと思うのは私だけではないはず。
おそらくはですね大臣で今何も言われていない人でもきっと何かあるんですよ。
でも絶対に漏れないようにちゃんとガードしてあるんだろうと思います。
そうでなきゃ上のほうにいけない。
社民党も旧社会党時代にいろいろやっているから政党としてきれいなのは(日本)共産党だけというのは周知の事実。
きれいにしているから政治家として力があるのかというと今の日本ではそうでないのが悲しいところです。
昔の帝国議会のようにもともといっぱいお金を持っている人が政治家やるしかないのかね~。
マママそういう話は政治評論家にでもお願いすることにしてですね私が疑問に思っているのは今回の問題で共済組合の誰かが処分されたのかということ。
共済組合でどういうことをやっていたかというと申込書を偽造して加入農家数を水増しして国側に補助金の申請をしたわけです。
これって充分に犯罪なんでけど、ずーっとニュースを追いかけても関係者がどういう処分をされたかなんて全然触れてくれません。
社会保険庁の件もそうなんですが公共団体の職員への対応って本当に甘いと思う。
甘すぎるからいろんな問題が噴出するんじゃないのかね。
膿出さないとイカン所って思っている以上に多いのかもしれん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/371-d0c047eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。