親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いらない用語

今朝から腹がたってしようがないんだがとりあえず書く。
今月厚生労働省九州厚生局を退職した松嶋賢前局長が在職中に、大阪にある枚方療育園の前理事長から車やら自宅の改装費やらなんやらで数千万円をもらっていたらしい。
枚方療育園というのは特別養護老人ホームとか心身障害児施設を運営しています。
平成14年度から16年度にかけて10億円余り国から補助を受けていたそうです。
とまあ、こういう事実を踏まえて普通に考えると、枚方療育園の理事長からお金をもらっていた松嶋賢前局長が国から補助金を騙し取る枚方療育園の手助けをしてやったように見えます。
しかし松嶋賢前局長に言わせるとそんなのは全然関係ないらしい。
なんかよく分からんが親戚みたいな関係でそれでお金とかをもらってたというんだがそれでハイとは納得できん。
まあ例えるならだな、たまたま厚生労働省の薬務局の局長がとある製薬会社の社長の親戚だったとしよう。
で、ふだんからこの社長は局長になんやかんやお金を援助していた。
あるときこの製薬会社が新薬を開発し康労省に申請をしたわけだ。
そしたらすんなりと認可が下りました。
これって普通に考えたらものすごく怪しいよね。
その新薬自体に全然問題なくても局長と社長の関係を考えると審査の時にちょっと手心を加えてやったと思うのが普通でしょうよ。
今回の件はこれとおんなじことだと考えていい。
李下に冠を整さずとか瓜田に靴を納れずなんて言葉、大学出てるんだから知ってるだろうに。
本当にやましいことがなかったとしても今回疑われても仕方のないことをしてるんだから素直に謝ればいいのに「こんなに(話が大きく)なっちゃったらもう車に乗れないなぁ」なんて言いやがった。
ホンマこいつら世間とズレ過ぎとる。
年金問題のことも含めてですが、おそらく役人には常識というものは通用せんのでしょうね。

腹の虫もおさまらないんですが今日書きたいのはもうひとつ。
イミダス(集英社)と知恵蔵(朝日新聞社)が廃刊になるらしい。
(出版元は休刊と言っているが廃刊と言っていい。)
創刊した当初こそ100万部前後売っていたらしいが今は10数万部そこそこの売り上げしかないようです。
分からない言葉があってもネットの普及で簡単に知ることができるようになったのが原因だと両社が分析しているが果たしてそうなのだろうか。
編集とか紙面作りがまずかったんでないかい?
だって、新刊でミリオンセラーになる本も結構あるでしょう。
音楽も違法にダウンロードできる現在ですらちゃんとミリオンヒットが出る。
つまり、お金を出してでも買いたいと思わせる本じゃなかったということが言えるわけです。
何でもかんでもネットの普及が原因だと責任転嫁するのは大手出版社として恥ずかしいことだと思うけどね。
「ネットに勝てるような方法を考える頭が我々にはありません」とカミングアウトしているようなもんだろ。
(なんて書きながら私もこうやってネットのお世話になっているんですがね。)
なんちゅうかね、本には本の良さってあるんですよ。
本は並列で考えられるでしょう、って何言いたいのかわかりませんよね(笑)
イミダスつながりで分からない言葉検索で考えてみましょうか。
んっとですね、ネット(パソコンと言い換えても良い)は知りたい言葉を調べるときにはキーワードさえ打ち込めれば一瞬で答えを見つけることができます。
それだけが目的の人にはネットで充分です。
でも私はそれ以外のことも知りたいんですよ。
例えばネット版の国語辞典でタンメンなんて引くと(タンメンで引く人なんてオランだろうが)その周辺の短命とか断面なんて言葉は出てきます。
しかし書籍版だと、タンメンが右ページにあれば左のページにちょっと目を移すとチェンバロなんて言葉も発見できるんです。
狩りで例えるとネットは弓矢で書籍の方が網だと言えるんじゃないでしょうか。
(ネットが網ではないのが面白いところですが…)
どちらがより優れているかということではなくそれぞれに特性があるということですね。
つまりイミダスも知恵蔵も本の特性を上手く活かせなかったわけです。
さて、残るは現代用語の基礎知識ですがこちらはまだ続けるようですから私ももう少しは楽しめそうです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/368-377dd721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。