親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなふうに入っています

連日暑い日が続いています。
40℃を超えたとか何とかいう話題もなんか当たり前に感じる今日この頃いかがお過ごしでしょうか。
夏バテになっていないでしょうか、って夏バテより前に熱中症の方が心配ですね。
何が原因でこうなってしまったのかというのは今日の本題ではありませんから触れないでおきましょう。
こう暑いと暑気払いしたくなりますね。
我が家の暑気払いの定番といえば湯豆腐です。
誰がなんと言おうと湯豆腐です。
ちょっと私の考えを述べましょう。
夏の暑いときは体の内部もぬくもっています。
で、体の内部に熱をこもらせた状態でエアコンに当たるとしましょう。
最初は涼しく感じるんですがそれが27度設定でも24度設定でもしばらく当たっているとあんまり涼しく感じなくなるはずです。
これは冷たい空気に触れることで体表面の血管が縮んでしまい体内の熱が発散されなくなった結果だと思っています。
じゃあどうすればいいのか。
とりあえずエアコンを切って窓を全開にしましょう。
(都会ではできないと思いますのでエアコンの設定を30度くらいまで上げとくといいと思います。)
で、熱いものを食う。
熱いお茶でもいいですね。
こうすることで体中の血管が開き体内の熱が発散されます。
おまけに汗をガンガンにかくことで冷却効果も倍増。
と、こんなメカニズムじゃないかと勝手に思っています。
(これはあくまでも私の思い込みなので気になる人はちゃんと調べてくださいね。)
さて、汗をいっぱいかいたらお風呂です。
お風呂といったら温泉ですね。
最近はスーパー銭湯がブームらしいですね。
お風呂の種類がいっぱいあるとかないとか。
まあ、最近の温泉はスーパー銭湯でなくてもいろんなお風呂があるところが多いですね。
そういうわけでへいた流温泉の入り方を書いてみましょう。
温泉に入る前にしなければならないこと。
まずは用を足す(つまりトイレに行くことですね)。
そして水分をとっておく。
これからたっぷり汗をかくのですからたった一口でもいいから飲んでおくのは大事です。
さて、それでは入場しましょう。
まずはかけ湯をしましょうね。
最近ではかけ湯のために別にお湯を張っているところもありますが、もしもないところでもちゃんとかけ湯はしなければなりません。
かけ湯をしたらそこにあるお風呂の中で一番ぬるめの風呂に入ります。
ぬるめのお湯に長く浸かりしっかりと毛穴を開かせるのが目的です。
毛穴が開いたところでサウナに入ります。
毛穴が開ききっていますから汗がでるまでにそう長くはかかりません。
だいたい5~6分も入っていればたっぷりと汗がでますからその汗をぬるめのお湯で流し、汗が引くまで外の風に当たります。
これを2~3回繰り返して体の汚れが浮いてきた頃に体を洗うわけです。
体を洗う時にはタオルは使いません。
タオルというのは結構肌を傷つけます。
タオルではなく手で体を洗うというかほとんどなでている感じですね。
石鹸(もしくはボディーソープ)を手で泡立たせてからだの汚れやすい部分などを洗います。
さあ、汚れも落としたところで仕上げのためにそこの温泉のメインの湯船に浸かりましょう。
せっかく汚れを落としたのですからここで汗をかくのは避けたいですね。
ここは肩までいっきに浸かり10秒で上がります。
温泉の成分を体に残すために最後は自然乾燥といきたいのですが子どもたちがいっしょのことが多いので体を拭き上げるのだけはタオルを使っています。
こらまあ、仕方ないですね。
脱衣所に入ったらまだ服は着ません。
汗が完全に引くまでそこで素っ裸で過ごします。
完全に汗も引いたところでまだ少し体がぬくもっているうちに服を着て髪を乾かし温泉からさよならとなります。

私の温泉の入り方については賛否両論あるでしょうけど、まあこういう考え方もあるということで納得していただきたい。
…なんてこ難しい理屈は抜きにしてとにかく人に迷惑かけなきゃ気持ちよけりゃあいいんですよ。
だって気持ちよくなることが目的なんですから。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/354-34518225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。