親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳を開いて

台風です。
台風が恐ろしい勢いでこちら九州に向かってきています。
明日の今頃はどうなっているか分かりません。
もしかすると親トホもこれが最終回になってしまうかも。
↑んなこたーナイ。

さて、もうひとつの台風が今吹き荒れています。
安倍総理大臣を巡る政局です。
ちょっとお断り
政治の話には触れないとついこの間書いたばかりなんですがこれだけの話題だと触れないわけにはいきません。
ということで、本筋に戻ります。
例の赤城農相辞めましたね~。
辞任という形なんだそうですが実際は安倍総理から「やめたほうがいいんじゃない?」って言われたんだとかで、難しい言葉で言えば更迭というのだそうです。
辞めたのはいいんですが自民党議員から総スカンです。
どうせ辞めるんなら選挙前にやめてほしかったという意見が大勢で私もそれはそうだろうと今回の選挙で落選した人たちには本当に同情します。
今度のドタバタはかなりお間抜けで何もかもが中途半端なんですよ。
政治資金規正法にしても年金問題に関しても国務大臣の選び方にしても何もかも中途半端に決められています。
一言で言えば詰めが甘いというやつでしょうか。
つくづく思うのは安倍さんに進言する人とかお目付け役とかいなかったのかということ。
もしそういう存在があったのならここまでばたばたしなかったんじゃなかったのかな。
なにをするにしても、これは日本であろうとなかろうと、一回誰かに相談してみるというのは大事なことだと思います。
自己決定権があるかどうかという話ではありません。
自分が考えていることがみんなの考えとずれていないだろうか、もしくは暴走していないだろうかということを確認するうえでも大切なことだと思うんです。
みんなの意見を聞いたうえでの最終決定ならばそれほど困ったことにはならないでしょう。
いろんな意見があるということは分かっているのですからそれへの対処方法もあらかじめ考えておけるからです。
なんてえらそうなこと書いていますが実は私も相談しない人なんですよ。
相談するような努力はするんですがどうしても自分だけで考えてしまうんですよね。
今回の安倍さんと自分が重なってしまってどうにもつらい。
って、国の代表と一緒にするなというお叱りの言葉が聞こえてきそうです。
ということで今日はこのへんで。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/338-991e47b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。