親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今思い出しても

最近ゲゲゲの鬼太郎名探偵コナンに見えてくるへいたです。
今日仕事から帰るときに他の部署の派遣社員(女性)とばったり出くわしたらその派遣さんが一瞬ものすごく嬉しそうな顔をして「お疲れ様でした」と恥ずかしそうに言ったのを私は見逃しませんでした。
さて、なぜ彼女は私を見た時にものすごく嬉しそうな顔をしたのでしょうか。
1.オイラのことをものすごく好きだから。
2.この親トホのコアなファンでしかもへいたの正体がオイラだということを知っていたから。
3.実は本当は私のことを大っ嫌いで「あ、こいつ今から帰りやがるんだ」と思ったら嬉しくなった。
4.私と出くわす直前に誰かの悪口をブツブツ言っていたのを私に聞かれたと思い込んじゃって気まずくなってしまった。

てなわけでおそらく答えは4番でしょう。
こういうことってよくあります。
例えば人通りのない道を歩いていた時に誰もいないと思って気持ちよく歌いながら歩いていたらフッと横道から人が現れた時。
これは気まずいです。
いきなり人が現れたからといって急に歌うのをやめるのも恥ずかしさを倍増させるだけですから。
そういうときにはちょっと鼻歌を歌っていたんだよくらいの音量になるまで少しずつボリュームを下げるしか手はありません。
あとだな、人がなんかやっているのを目撃してしまうのは逆にこっちが気まずくなりますね。
仕事場で昼休み中上司が歩きながらゆーとぴあよろしく~ねに似たポーズを目にした時はどうしようかと思いました。
ちょっと説明。
ゆーとぴあというのは二人組みの芸人で主にコントをしています。
有名なのはこの「よろしく~ね」と、ゴムひもをくわえさせて思いっきり引っ張ってから放すというのしかありませんね。
一旦活動休止しましたが最近は再開したようです。
余談ここまで。
その上司が数日後にゴルフをしなければならないことは知っていましたので準備運動がてらやっていたと私には分かりましたが、知らない人が見たらどんだけダンス好きなんだと思われるのは間違いありません。
それにしても、自分が今まででいちばん気まずい思い、もしくは恥ずかしい思いをしたのはどんなんだったろう。
...あ~、あったあった。
今はそうでもありませんが昭和40年代くらいまでに建てられた家というのは格好音が筒抜けだったりするんです。
これは手抜き工事とかいうことではなくて日本家屋の構造を考えるとそうならざるを得なかった部分があるわけです。
で、我が家は改築を繰り返してきた結果お茶の間のすぐ隣がお風呂場というメチャクチャな部屋の配置になっていました。
しかしながら住めば都、私はそんなのは気にしません。
風呂に入ればいつもお気に入りのさだまさしの歌をアルバムの曲順どおりに歌います。
家族にとってみれば茶の間の横にある風呂でリサイタルが繰り広げられるわけですからかなり迷惑だったに違いありません。
そんな家族の思いを知ることもなく歌っていたある日突然のお客様がおいでになりました。
だいたい来るんだったらあらかじめ電話しとけってんだ。
知りませんから歌っていたら「まあまあ、ゆっくりしていきなさい」なんて会話が聞こえてきます。
ここで歌うのをやめたら「はっは~ん。恥ずかしくて歌うのをやめたな」と思われるのは目に見えていますから普段通りに歌い続けました。
お客様が見えているとは言え歌っているうちに感情が高ぶってきます。
そして、その歌のいちばん盛り上がるところ、そう、一番高い声を出さなければならないところで...声が裏返ってしまいました。
その途端に湧き上がる笑い声。
..........
おそらくこの瞬間が私の味わった一番気まずい瞬間。
このあと風呂から上がったらそのお客様の前を通って寝室に行かなければなりません。
そのとき茶の間はどんな空気に包まれていたのか...。
多分今回の参議院議員選挙の自民党選対本部と同じような感じだったんでしょうね~。
って、そこまでは暗くないと思うが。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/337-390963bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。