親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウキウキはしないけど

Wikipedia(ウィキペディア)というのがあります。
インターネット上の無料百科事典で、閲覧どころか編集さえも無料、無条件でできます(この無条件というところはちょっと違うんですけどね、これについては下で書きます)。
Wikiはこの辞典が使用しているシステム(ソフト)で、pediaは百科事典という意味のencyclopediaの後ろのほう、これらをあわせてWikipediaとしています。
(書籍では平凡社から出ているマイペディアなんてのがあります。)
これの運営はWikipedia財団というところがやっていますが現在は基本的に寄付でまかなわれています。
(過去にはインターネット会社から資金の提供を受けていたらしい。)
本家は英語版ですが日本語版とかドイツ語版とかなどの各言語版もあり(7月現在で250を超えています) 当然その言語の使用者により編集されます。
これは英語版をそのまま翻訳するという形ではありません。
(もちろん翻訳されている項目もあります。)
ですから日本語版にしかない項目というのも存在して例えば「三社祭」「電車男」「ムーディ勝山」なんてのもあるんです。
当然のことながらてっちゃん(鉄道マニア)によって日本国内のほぼ全ての(←要出典)駅名についても項目が作られています。
そんなわけで2007年7月24日10:00現在の記事数は394,293本です。
(恐るべき速さで増えているので時間まで書かないとあとで苦情を言われるかも知れん←誰から?)
でですね最近の学生さんとか物書きとかでWikipediaをそのまま丸写しにするというのが流行っている(?)んだそうです。
ついこの間も某地方新聞社がここから引用して問題になっていましたね。
アメリカではちょっと異常で大学生が論文にWikipediaからそのまま引用するのが多いためにWikipedia引用禁止令まで出ている大学もあるらしい。
Wikipedia英語版の記事数は日本時間2007年7月24日現在で1,904,599本ですからこっから持ってきたいと思うのも当然かなという気がしますね。
ただですね、先も書いたとおり誰でも編集できてしまうわけですよ。
ということはその分野での専門家はもちろんのことズブの素人ですら手を出すことができてしまうわけですから記事の正確性としてどうかという疑問が残るんだ。
だからWikipediaに書いてあることをそのまま鵜呑みにしてしまうと例の新聞社のように痛い目にあうこともあるということは肝に銘じておかなければならないことなんです。
正直に書くと私もログインユーザー(登録して編集をするユーザー。登録していない、言い換えれば通りすがりの編集者はIPユーザーと呼ばれています。)としてWikipediaの編集作業を行います。
ですから親トホを書くに当たって参考にすることも多いのですが、編集をしているという立場の私でも参考程度にとどめ裏づけのために他の資料も探すわけです。
ですからWikipediaは調べ物の取っ掛かりとしてはいいかもしれないけれど信頼しきってはいけないと言えるでしょう。
それとWikipedia内部では常にユーザー同士の対立というのがあります。
記事内容についてはもちろんですが運営方法の立場の違いにより追放された人も少なからず存在します。
そしてWikipediaを運営する管理者。
この人たちのいろいろな対処方法について疑問視する意見も多くみられます。
(この「多くみられます」という書き方もWikipediaの記事ではアカンとされています。多くという部分が客観性にかけるからです。ですから具体的に「疑問視する意見が一ヶ月の間に57件出された」などと書かないと削除されます。怖いですね~。)
この管理者の人たちににらまれたらちょっとしたことでもブロック(記事の編集ができなくなること)されてしまいますから本当に気をつけましょうね。
他にも著作権の問題など難しいことがたくさんありますから上で書いた無条件で編集できるというのも本当は違うんです。
正確に「管理者の人たちを怒らすようなことさえしなければ無条件で編集できます」と書くべきだったかな。
まあ、あんまり深く首突っ込まずに編集だけをしているなら面白いプロジェクトではあります。
皆さんも一回アクセスして編集してみられるといいですよ。
あんまり簡単に編集できるんでビックリするはずですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/330-75e59320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。