親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それを人間のエゴという

クワ~、虫熱いぞ...じゃなくて蒸し暑いぞ。

余談ですが(いきなり!?)虫が原因で島が消滅しかかっているらしい。
瀬戸内海の無人島にナナツバコツブムシ(ワラジムシ目コツブムシ科)という体長わずか1cmの虫が大繁殖しているんだとか。
なんで虫が繁殖すると島が消えてしまうのか。
答えはこの虫の習性にありました。
この虫は岩に穴をあけて(この島の岩はそんなに硬くない)そこを巣穴にするんですがそんなに硬くない岩に穴をあけられたらどうなると思います?
そこに雨風と海水が入り込み穴がだんだんと大きくなりついには虫歯のようにボロボロになってしまうわけです。
そういうことで早晩この島はなくなってしまうんでしょうね。
悲しいことですがそれが自然というもの。
こういうこともあるんだと心に留めておきましょうか。

今日帰宅途中に車が横道から出ようとしていました。
とても優しい私はちょいと待ってあげてたらその車のまん前の道のど真ん中に猫が寝てるじゃあ~りませんか。
その車の運転手はどうも気付いていないらしくそのまんま発進させました。
危ないところで猫の方が気付き逃げていきましたが、逃げるのが遅かったら今夜の夕飯は食えないところでした。
我が家では動物は飼っていません。
なぜなら私が大嫌いだからです。
ウソです。
本当は大好きなんですよ。
年に4度ほどは韓国に行って犬を食べていますし。
…ゴメンナサイ再びウソをついてしまいました。
私海外に行ったこともありませんし犬の肉を食べた記憶もありません。
(もしかしたら犬の肉を内緒で食わされている可能性も否定できません。そうでしょう?ミートホープ)
私、牛も豚も鶏も馬も鹿も兎も鯨も魚も蛙もちゃんと食いますが動物大好きです。
できるなら年に1回は動物園に行きたいくらいです。
では、なぜ我が家には人間以外の動物がいないのか。
動物を束縛したくないんです。
(だけど動物園は好きなんですよね~って、矛盾していますね)
私は束縛したくないから飼いませんが、動物を飼っている人に一言いいたい。
飼っているからにはちゃんと管理しろ!
犬散歩させるならちゃんとリードにつなげ!
簡単にその辺に捨てるな!
すまん、興奮しすぎて三言もいってしまった。
なんかね、自己満足なのかどうかは知らんが自由にさせるのが動物の幸せだと勘違いしているのでしょう。
だいたい飼っているという時点で束縛しているというのに気付かんか?
10兆歩譲ってそのことにその動物も喜んでいるとしよう。
もしもその動物が誰かを傷つけたらどうする?
傷つけられた人が警察なり保健所に申し立てをしたらどうするよ?
当然その動物は処分されることになるよな。
自由にさせたことが結果的にお互いの不幸になってしまうわけだ。
いや、処分されるのは動物のほうだから可哀想なのは間違った飼われ方をした動物だけ。
「いや、○○に限ってそんな間違いはない」なんていうなよ。
そんなのは非行少年の親や飲酒運転で事故を起こしたバカがいっつも言ってるから聞き飽きてる。
子育てにもつながると思うんですが、本当の愛情のかけかたを間違えとる。
まず自分に厳しくあれ!
それが育てるということでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/302-0ef2009f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。