親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った伝統

暮れぬ先の提灯(くれぬさきのちょうちん)
夜にこそ役に立つ提灯をまだ日も暮れていうちに明かりをともしても役に立たない。
あまり準備が良すぎるのもマヌケだということ。
これに似たことわざで「転ばぬ先の杖」なんてぇのもありますがこちらはプラスイメージで「何事も用心に越したことはない」って意味です。
表現は同じなのに意味が真逆という非常に面白いパターンです。

そうそう、昨日書き忘れていたことがありました。
吉本新喜劇の新座長川畑泰史ですがあのイチローと仲がいいんだそうです。
財津一郎ではなく、ましてや小沢一郎でもありません。
メジャーリーガー(現シアトル・マリナーズ)のイチローです。
よく分からんつながりですが新喜劇の客席で二人並んで座っていたこともあったらしい。
ほんまどういうこっちゃネンという感じですがもっとビックリしたことにあの池之めだか青海苔と紫葉漬けねーか?…じゃなくてアーノルド・シュワルツェネッガー(カリフォルニア州知事)と仲がいいらしい。
どうやらアリナミンVのCMで共演したことで仲が良くなったらしいですが、二人が並ぶと子どもと誘拐犯という感じです。
まさかと思う人が意外な人とつながりがあり世の中というのは本当に面白いモンです。

ということで6月も終わろうとしていますがジューンブライドです。
今年は雨も少なくこの時季に結婚式をしようなんてチョー迷惑なこと思ってた新郎新婦にとってはラッキーな年となりました。
(もちろん稲作農家にとってはアンラッキーな年になりそうですが。)
ジューンブライドというのは皆さんご存知だとは思いますが「6月の花嫁」ということですね。
ヨーロッパには6月に結婚した花嫁は幸せになるという伝説があり、6月に結婚するカップルが多いんだそうですが本当のとこは分かりません。
まあ、それを何の疑いもなく日本にも輸入してしまったわけですね。
(バレンタインデーといいクリスマスといい、日本人って一体…)
だれが何のために輸入したのか、もちろん業者です。
いや、輸入業者ではなくブライダル関係業者ですね。
新郎新婦にとっては梅雨の時季の結婚式は避けたいもの。
当然のことながら6月の結婚式場は閑古鳥が鳴いていたわけです。
それで「ジューンブライド」なる伝説があるのを伝え聞いた業者がそれをそのまま広めたというのがどうやら日本でのジューンブライドの起源なんだそうです。
本当に迷惑な話でございますね。
で、ですね、日本に輸入されたのはいつかってぇ話なんですが…一体いつなんでしょう?
ということで調べたらありました。
えっと丸写しはできませんから概要をちょこっと。
日本で最初に始めたのはと言うか提案をしたのがホテルオークラの元副社長の方だそうです。
梅雨の時季にホールで結婚式を挙げてもらうためのアイデアとして全国の宴会支配人会(業界の人の集まりですね)で紹介したんだそうです。
これが1967年(昭和42年)頃の話。
これとは別のちょっと興味深い話も紹介しましょう。
1960~70年に活躍していた双子デュオザ・ピーナッツの歌にジューンブライドという曲があります。
これが1964年の作品なんですね。
えっと、ここからは私の推理です。
ジューンブライドの作詞は岩谷時子です。
(他にも「サインはV」とか「男の子女の子」なんかも作詞しています。)
彼女は神戸女学院大学英文科を卒業し最初は雑誌かなんかの編集をしていましたが、越路吹雪が歌手になったときに編集者を辞めて彼女のマネージャーになったわけです。
そして越路が歌うシャンソンの訳詞を書いたりしているうちに作詞も始めたんだわ。
とりあえず英文学に明るかった岩谷はなんかの文献でジューンブライドのことを読み知っていたんでしょう。
それで作曲者宮川泰と組み作り上げたのがジューンブライドという歌だったんだと思います。
つまりホテル(ブライダル)業界とは全く関係のないところでジューンブライドを紹介したことになります。
この曲はあまりヒットしませんでしたが(それでも月間売り上げ15位です)もしもヒットしていたら業界の働きかけがなかったとしてももっと早くに定着したかもしれません
3年の差があるとは言え芸能界と結婚業界で始めてジューンブライドが登場したのはほぼ同じ時期。
どんな形にせよ、日本にジューンブライドという言葉が上陸するのは時間の問題だったのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/297-cdcab29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。