親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの顔

今朝「ホ~脱北者、青森に漂着か~」なんて新聞を読みながらひげを剃っていました。
毎朝髭剃りに30~40分くらいかけていますがもしかしたら新聞読まずに髭剃りに集中したら20分くらいで終わるかもしれん。
あ、因みに「脱北者」というのは北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国…ってわざわざ書かんでもいいとは思うんだが。きっと「おまえはNHKのニュースか?」なんて突っ込まれると思う。)から逃げ出してきた人のことですね。
北朝鮮に残された脱北者の家族は結構厳しい目(と言うよりも悲惨な目)にあうらしい。
それでも逃げ出すんですから相当な覚悟でしょう。
ん?違う!今日は脱北者の話じゃない。
髭剃りをしてたんですがふいに太郎(小5)が「お父さん離婚しないでね」と言ってきた。
本当にやぶからぼうだったんで聞き間違いかと思って「何で離婚かな?」と尋ねたんです。
そしたら言ったんですよ「お父さんモテモテだから」と。
いや、これは私が言わせたんじゃありません。
太郎自らの意思で「お父さんモテモテだから」と言ったんですよ。
言われて悪い気はしませんが、でもなんでこんなこと言ったんだろ?
ネット上でのへいたはモテモテですが、いや正確に書くなら、へいたはネットの中で妄想を膨らましモテモテの気分になっているといったところでしょう。
で、実際のリアルへいたは本当にモテモテではない。
坂下さんからはふられたし…ってふられる以前の問題だし。
ん~、でも何でもてないんだろう?
自分で言うのもなんだが結構いけてると思うんですよ。
ア、 いや、それほどいけてるわけじゃないんですがまあそんなにひどくはない。
しいて言うならちょっとだけ足は短いかな~。
でも、40代の日本人としては平均的な範囲ちゃうかな、ウンウン。
それとちょっとおなかも気になっているような気もするけど...。
しかしこれはついこの間「ちょっとわたしメタボリ気味なんですよ~」なんて女性と話をしていたら「あら~、そんな風には見えませんよ」なんて言われたから自分で思うほどきてるわけではないかもしれない。
そんな私がモテモテでないのは世界の七不思議のひとつだと思ってるんですよね~。

な~んて世界情勢とは何の関係もないことを考えながら今日は家族揃ってショッピングセンターへお出かけです。
何か買う目的があったわけではありませんが昨日は私も二日ヨッパだったしおまけに雨でしたからね、今日はちょっと気分転換。
ヲイヲイと言われそうですが初めて見ましたプリクラ。
いや、機械はよく見ますし、小学生とか中学生が撮影(というのか?)しているのはよく目にしていましたが自分の知り合いが目の前でやるのは初めて見ました。
「知り合い」っつっても太郎と花子(小2)ですけどね。
(因みにプリクラ〔=プリント倶楽部〕は登録商標らしいです。まあ、そうでしょうな。)
あれな、画面上にやり方とか出てくるんですよ。
で、次々に撮っていくんですがこれが信じられないほど早い。
そんなん私みたいな年寄りにはポーズなんてとってられませんぜ。
そんなこんな言っている間に出てきました。
見たらこれが、ア~、回りに花とかなんか分からん字は書いてあるし。
そして肝心のモデルの二人は...ほう、花子のほうは写真写りだけはいいな。
自分でいちばん良い写り方が分かっていやがる、まだ2年生なのに。
女っちゅうのは怖いね~。
さて、太郎のほうだが...何でこうなんだろう。
一体どこを見てんだ!ボサーッとせずにちゃんと表情を作れよ!
それは笑顔じゃなくて、テレビ画面に食べ物が出てきたのを眺めている内山君の顔じゃないか!
こんなんじゃあ花子の引き立て役だぜ。
太郎は一応私とそっくりだという話なんだが私はあんなお間抜けな顔じゃない。
私はもっとこうピチッと引き締まっていてちょっと日本人離れした(人間離れじゃあない!)顔と言われたことも過去に一回だけあるんだ。
あんなしまりのない顔とそっくりだなんてブツブツブツ。
でもな~私の小さい頃の写真見ると確かにそっくりなんだよな~太郎に。
やっぱモテモテではない原因はこんなところにあるのかもしれん。
残念ですが血は争えません...。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/279-ff1698e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。