親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女アニメ事情

花子(小2)のお気に入りアニメに「きらりん☆レボリューション」(通称「キラレボ」)があります。
一応どんな内容か説明しましょう。
主人公は月島きらり、14歳中学2年生。
(え?中2だったんだ、全然知らんかった。)
日本のトップアイドルを目指すちょっぴり食いしん坊の女の子です。
ライバルアイドルやその事務所の関係者、人気男性アイドルデュオとのからみもあったりでなかなかスリリングなストーリー展開となっています。
でもねぇ、どうもアカン。
つくりが大雑把過ぎるから観ていても突っ込みどころ満載なんです。
いつもきらりと一緒にいる動物、あらなんだ?
一応ネコっぽいんですが後ろ足2本で立ってるし(4本足で歩くのを見たことがない)なんとなく会話が成り立っているし、きらりを積極的に励ましてるし。
あれはぜったい宇宙生物ですぜ。
とまあ、こんな風に変な少女アニメもありますがプリキュアシリーズは相変わらず面白いですね。
…いや、私も好んで観ているわけではないですよ。
花子が観るから仕方なく観ているだけですから。
さて、じつは今いちばん熱い少女アニメはNHK教育テレビで放送中の「風の少女エミリー」じゃないかと思っています。
さて、内容はというと
プリンスエドワード島に暮らす主人公のエミリー(多分10歳くらい)は早くに母親を亡くしそしてその後に父親も亡くなったために母親の実家であるマリー家に住む長女(エリザベス、エミリーのおば)に引き取られ厳しくしつけられます。
このおばさんとともに住んでいるのがマリー家の次女(ローラ)とエリザベスとローラの従兄弟であるジェームズ(通称ジミー)。
エミリーはとても空想好きな女の子で文章を書くのが大好き。
朗読も得意中の得意です。
こらあ、いい作品です。
「アルプスの少女ハイジ」とかの世界名作劇場に匹敵するかそれ以上の作品だと思っています。
男の子なのにこれ観てちょいとウルウルしてしまうこともあります。
とまあ、いいアニメではあるんですがどっかで似たような設定があったな~なんて思ったんです。
舞台はプリンスエドワード島。
厳しいおばさん、優しいおじさん。
おしゃべりで空想好きな女の子。
私の頭にピーンと来ました。
「赤毛のアン」じゃん!そっくりだよ。
パクリはアカンやろ、パクリは!
どういうことやネンと思いNHKの公式HPを見ると赤毛のアンの原作者である「ルーシー・M・モンゴメリー」の自伝的作品と書いてあります。
なるほどなるほど、パクッたわけではないのね。
音楽で言えば「セルフカバー」というヤツですね…って、ちょっと違うかもしれん。
そんなわけでパクリではないということが分かったのでこの「風邪の少女エミリー」…じゃなくて「風の少女エミリー」はへいたの推薦アニメになりました。
私が推薦したからといってハクが付くわけではありませんがまあ、気は心ということで。
それにしてもNHKのアニメがんばっています。
私の一押し「MAJOR」を筆頭に「風の少女エミリー」「ぜんまいざむらい」「おじゃる丸」「忍たま乱太郎」そして「味楽る!ミミカ」(この番組も人気があるらしい)。
視聴率もスポンサーもあまり気にしなくてもいいNHK(しかも教育テレビ)です。
じっくりと作りこめますから、原作、原案の世界観をしっかりと表現できます。
スポンサーの意向を取り入れた無理矢理なストーリー展開もしなくていい。
これなら長い時間をかけてリピーターを増やすことも可能です。
やっぱ民放にとっていちばん怖いのはNHKなのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/272-837fc3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。