親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は会いたくなかった...

陸に上がった河童(おかにあがったかっぱ)
自分のいなれた場所から離れ得意な技や能力を発揮できない様子。
「陸へ上がった河童」とも言います。
そうですねぇ、ロスアンゼルスに行ったクロコダイルダンディーみたいなものか。
大体河童ってなんだ。
いや、亀が人間みたいになって頭に皿のせたような架空の生き物だということは知ってますよ。
なんでよりによって「河童」なんだってぇ話ですよ。
鯨じゃアカンのんかい!
「舞い降りたアホウドリ」でもええんちゃうん。
「K-1に出る亀田三兄弟」は...やめときます。

今日は子ども達ふたりを連れて本屋に行きました。
車を駐車場にとめるときにふと目にとまった一人の女性。
「○○先生?」
私は思わず口にしてしまいました。
○○先生は太郎(小5)の3年生のときの担任です。
3年生のときのクラスは全体的に落ち着きがなかったと聞いていました。
太郎が教室から出て行っても○○先生に止められるでもなくかと言ってまるっきりほっとかれたわけではありません。
何かことあるごとにひどく叱られていたという話を人伝えに聞きました。
学校での太郎の様子がおかしくなっていったのはまさに3年生のときだったのです。
私達夫婦にとっても太郎にとっても悪い思い出だらけの1年間。
そのときの担任に対しての印象が良かろうはずもありません。
(太郎がアスペルガー症候群だとわかったのはある意味この先生のお陰なのでそのことに関しては本当に感謝しています。)
幸い今年度他の小学校に異動になり二度と会うこともなくなり、できれば顔も見たくない。
その先生の姿を見て私は思わず名前を口にしてしまいました。
こっちは車の中ですから○○先生に聞こえるはずはありません。
とめた車の中でしばらくじっとしていたら会うこともない。
そう思って太郎たちにちょっと待っててという前に「○○せんせ~い」と太郎が声をかけてしまいました。
私は○○先生が太郎の声に気づかないまま通り過ぎることを祈りました。
そんな私の気持ちを知らない太郎は急いで車から降りると○○先生のところへ走っていきました。
私は観念して○○先生に挨拶をしに行きました。
「あ、太郎君。」
ご無沙汰しております。お元気でしたか。
「ア~、こんにちは。」
(多分オレの顔なんか覚えてないだろうけどな)今はどちらの学校へ?
「△△です。今度は全校で120人くらいしかいないんですよ。」
それはさびしいですね。
「なんか、気抜けしちゃって。」
ア~、そうですか。がんばってください。
「それでは失礼します。」
なんて中身のない挨拶をしてお別れしました。
黙っときゃあいいのに声をかけやがって!と太郎に腹を立てましたが私も一応大人なのでぐっとガマンしました。
そして太郎に○○先生のこと好きだったっけ?と尋ねてみました。
「うん、好きは好き」
(「好きは好き」というのは太郎の表現で「好きなことは好きなんだけど」という意味です)
ア~そうか、太郎は大人の人が好きだもんね。
「うん」
そうです。
太郎は大人なら誰でも好きなんです。
例えそれが私達にとってひどい担任であったとしても。
太郎がひどい扱い(暴力があったとかではなく)を受けていたとしても太郎はそれを苦痛には感じていなかったのかもしれません。
もしくは自分が悪いからと認識をしていてその扱いを感受していたということも考えられます。
私達夫婦は○○先生の悪口を言うことはありませんが、やはり心の中にわだかまりはあります。
ですから太郎が3年生のときの話はしたくないし封印をしようとまでしていたかもしれない。
でも、太郎にとってはほかの1年生や2年生の時と同じように大事な一年間だったんだと思いなおしました。
そして、3年生の運動会のときに太郎がみんなの輪の中で楽しそうに踊っている姿を再び思い出しました。
太郎の思い出を作っているのは親である私達ではなく太郎自身です。
心の優しい太郎は思い出を「素敵な一瞬」に切り替えられる才能があるのかもしれません。
親である私達が太郎から学ぶべきことはたくさんあるようです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/264-69887e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。