親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉い人にコソッと言ってみました

秋のGW構想というのがあるらしい。
文化の日(現11月3日)の前後に体育の日(現10月第2月曜日)と勤労感謝の日(現11月23日)を移して3連休にするというもの。
ココで、ちょっと確認しておきましょう。
体育の日は東京オリンピックの開催を記念して制定されました。
今の10月第2月曜日になる前は開会式が行われた10月10日が体育の日でしたね。
文化の日というのは日本国憲法が公布された日にちなんで制定されたということになっています。
新憲法が平和と文化を前面に出していることから、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日とされています。
勤労感謝の日に関しては以前「仕事するか休むか」という記事で書きましたがもともと皇室行事の新嘗祭だったものを欧米にあった労働の日に合わせたものですね。
この3日間を連休にしちゃいましょうと、自民党と公明党が今度の参議選で票をもらいたい一心で考え出したんだそうですが肝心の自民党内から反対の声が出ているそうです。
どこに反対してるのか。
まあ、体育の日はいいとしましょう。
問題は文化の日と勤労感謝の日。
「文化の日」と「勤労感謝の日」はもともと皇室行事だったものを持ってきたんだそうです。
この日をころころ変えるのは皇室(天皇制)軽視につながるというのが反対の理由。
...ふ~ん。
ちょっと検証してみましょう。
まずは文化の日。
私は日本国憲法公布記念日的意味の「文化の日」だと昨日まで思っていました。
ところがこの日は明治天皇の誕生日とおんなじ日。
この日は明治時代には天長節(今上天皇の誕生日のこと。もしかして今上天皇の意味が分からない人もいるかもしれませんから説明しますが今上天皇というのは今現在の天皇のことですね。昭和時代に今上天皇といったら昭和天皇のこと。平成だったら今の明仁天皇のことです。因みに皇后の誕生日は地久節。戦前でもこの日は休みではありませんでした。)、大正以降は明治節と呼ばれ国民の祝日となっていました。
たまたまか、意識的にかはわかりませんが文化の日と明治節が同じ日になっています。
次に勤労感謝の日。
上でも書きましたが勤労感謝の日の11月23日はもともと新嘗祭。
で、この「勤労感謝の日」ということばはどっから持ってきたのかというとアメリカの「労働の日」。
「労働の日」はアメリカでは9月ですから「勤労感謝の日」の決め方はスタートからして間違ってる。
私の推理では戦争に負けた日本で皇室行事である明治節と新嘗祭をそのまま持ってくるとGHQから怒られちゃうんで「明治節?違います違います憲法公布の記念日ですよ~」「あ、この日は新嘗祭ではなくては毎日の労働ご苦労様という日です。アメリカにもあるじゃないですか~」なんてごまかしたに違いない!
もともとこういう姑息な手段を使って制定した祝日である。
伝統なんて言うんじゃね~よ!
1兆歩譲って「勤労感謝の日」=「新嘗祭」だとしたらどうなるか一部の保守系議員に教えてあげよう。
もともと新嘗祭がいつ行われていたか、それは旧暦11月の2番目の卯の日。
ということは旧暦11月の中旬~下旬、つまり今の暦で12月中旬~下旬だ。
結論を述べさせてもらうなら、11月23日に新嘗祭をする理由なんてどこにもネエンダヨ!
「伝統文化を軽視し皇室を形骸化」してきたのは、日本人の記念すべき日を小手先のごまかしであちこち動かしまくってきた今までの政権政党じゃないのか?
つまり今になって文句を言っている保守系議員なんだよ!
ある程度高い地位にいて何かを決めるときに伝統文化とか道徳心とか言いだすような人はあんまり信用せんほうがいい。
伝統文化とか道徳心なんてそのときの都合でどうとでも変わるから。
その都合を決めるのはほかでもない「高い地位にいる人」ですからね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/263-7a45f8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。