親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かれと思っても

湯の辞儀は水になる(ゆのじぎはみずになる)
「辞儀」と言うのは頭を下げて礼をすることで、今は「お辞儀」という使い方が一般的ですね。
で、このことわざでは遠慮という意味で使われています。
ということでこのことわざの意味は「せっかくお風呂がわいているのに遠慮していると冷めてしまいますよ」というところでしょうか。
時と場合によっては遠慮もほどほどにしとけよってぇのが真の意味でしょうね。
さて、世の中には妙に遠慮する人がいますね。
実は私もそのような妙に遠慮する人間の一人ではあります。
飲み物、食べ物いろんなものを勧められても私はご辞退申し上げることが多い。
それはなぜか...決して遠慮しているからではありません。
本当にいらないから「いりません」と素直に言っているだけです。
のども渇いていないのにお茶を勧められたり、腹が減っていないのにお菓子を進められても困っちゃうわけですよ。
こういう私の考え方はおそらく一般的ではありません。
あ~っと、これ前も書いたかもしれませんけど私の体験を紹介します。
10歳くらい年の離れた女性と一緒にいたときのことです。
この女性はとあるグループ内での後輩で、何か特別な関係とか感情とかがあったわけではありません。
二人だけになったとき「おごってあげるけど何か飲む?」といってきました。
昼間でしたからアルコールの類ではなく自販機の飲み物のことですね。
まあ、私は別にのども渇いてなかったのでやんわりとお断りしたわけです。
相手も「遠慮しなくていいから」と返してきましたから「いや、本当にのどが渇いていないから」と素直に答えると彼女は信じられないことばを発しました。
「つまらない人...」
えっ???
おごってもらわんと「つまらない人」になるのか?
今これ書きながら気付いたんですがおごるおごられるというのは「世間付き合い」のひとつの形なんですね。
まあ、これでくっついたり離れたりするいちばん分かりやすいのは子どもの世界。
人の気を引くため何かを上げたりしますよね。
このおごるという行為でじぶんの気持ちを表すことに慣れきってしまった人はおごった相手の満足よりも「おごる」という行動をとった自分の満足感のほうを優先させることになりますから相手がその行動を拒否してきたらそらあ不機嫌になります。
ここでは「おごる」という行動についてのみ考えてみましたが、「自分の満足感を満たす」という目的のために、相手に何かほどこす、相手をもてなすなど、「相手の為に何かしてあげること」を手段にしてしまっている人が多く存在することは指摘しておきます。
相手の為になるだろうと思って何かしたときにそれを拒否されたらどうするか。
私の場合はすぐに引き下がります。
相手の為に一所懸命考えて起こした行動であったとしても、それが相手の立場にしてみれば本当にいいとは限らないしもっと言えばスッゲー迷惑だったりする事もあり得るわけです。
たまに聞く話題で、バス内での妊婦さんの話があります。
妊婦さんを見たら座席を譲るかどうかですね。
妊婦さんでも座ったほうがいい人、逆に座るときつくなる人さまざまです。
まあ、とりあえず譲ってみて断られたら「そうですか、大変でしょうけど、がんばってくださいね」なんて言ってまた座れば良い。
(最後の「がんばってください」はよけいかもしれんが)
これで断られたから怒るってぇのは如何なモンかというはなしですよ。

日本人特有のものなのかどうかは分かりませんが、何か(おごるという行為も含めて)親切にされたときに相手の気持ちを考えると断るのが悪いと考えるような風潮があります。
先の「バス内の妊婦さん」も本当は座るときついんだけど、譲ってくれた相手のことを気遣い我慢して座ったなんて話も聞くんですよね。
まさに親切心があだになる例です。
親切の押し売りはほどほどにしましょう。
この件に関しては言いたいことが山ほどあるんですが書き始めたら考えがまとまらなくなってしまったのでまた日を改めて書きたいと思います。
本当はこのあとにこいのぼりのことについて書く予定でした。
こどもの日もとっくに過ぎているのになんで?と思われる方、明日をお楽しみに。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/255-21ce8e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。