親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音を伝えたいとき

二日続けて残業ってどういうこっちゃ!
イカン...やっぱ残業はイカンぞ。
残業そのものはいいんですよ、もらうものさえもらえれば。
しかしですね、残業するということは帰宅が遅くなるでしょ。
そうするとですね
風呂に入るのが遅くなる→夕食が遅くなる→酒を遅くまで飲む→普通の時間に起きる
ということで軽い二日ヨッパのできあがりです。
残業がオイラの命を縮めていることは間違いない。
(っていうか、酒の量を減らせばええんちゃうん)

さて、このブログでは関西弁が頻繁に登場します。
なぜかというと私が吉本新喜劇ファンだから。
新喜劇ファンになるきっかけになったのははるか20数年前。
ヤングタウンというラジオ番組で明石家さんまが「~じゃあーりませんか」というギャグを連発していたんです。

ちょっと余談です。
「ヤングタウン」って私が高校時代に一所懸命聴いていたMBSの怪物番組で(本当の怪物が出るわけではない)明石家さんま、笑福亭鶴光、笑福亭鶴瓶、オール阪神巨人、谷村新司、ばんばひろふみ、チャゲ&飛鳥、島田紳助などなど、そうそうたるメンバーがパーソナリティーをつとめていました。
私と比較的年齢がちかく関西地方で育ったほとんどの方が聴いていらっしゃったと思います。
私が住んでいたところは九州だったので電波の状態があまりよろしくありませんでした。
おそらく北朝鮮の日本向け放送だろうと思われる電波に頻繁に侵食され、パーソナリティーの会話の途中でガーガー鳴り出し、ようやくそれがやんだらパーソナリティーたちの爆笑が聴こえ、いったいどういう面白い内容の会話があったのかわからずに悔しい思いをしたことを昨日のことのように思い出します。
私のエセ関西弁はこの番組によって叩き込まれといっても過言ではありません。
高校卒業後広島で一時期暮らしていました。
周りには関西方面から来ている人が大勢いまして自分の関西弁はイントネーションから何からまるで違うことにショックを受けてしまいました。
このときから人前で関西弁を口にすることは封印してしまうことになります。

話を戻します。
この「~じゃあーりませんか」のギャグが何なのかまったくわからないまま使っていましたが
十数年前初めてテレビで吉本新喜劇を観た時にこのギャグのオリジナルを目にしたのです。
そしてそれまでの使い方が間違っていたことに気づいたのはこのときです。
私の尊敬する明石家さんま師匠が使うギャグは新喜劇から生まれていたのか。
そう思い知った私は毎週欠かさず新喜劇を観るようになりました。
こうしてヤンタンと新喜劇によって私の表現手段のひとつに関西弁が加わりました。
(もちろん口にするのは封印しています)
魂の叫び(というようなたいそうなものでもありませんが)をどうしても表現したいときには関西弁を使います。
本当なら自分が普段使う方言を使いたいところですがそのまま書いても意味は八割くらいしか通じません。
「きょは ぬっかったな~。あんまい ぬっかった もんじゃっで 汗が きしょっが わいかっせえよ、かえったなら ふっどんほうたいなげっせぇ いっき 風呂っせぇ はいったが」
ね、ちょっとだけわからないところがあるでしょう?
まあ、ネイティブなスピーカーならすぐにわかる文章ですけどね。
いずれにせよ、こういう全国区ではない方言よりも全国区の関西弁を使ったほうがより伝わりやすいんじゃないかと思っているわけですね。
関西が私の第二のふるさとというわけではありませんが心のよりどころであることは間違いありません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

関西弁って、普通の話の内容でも面白く聞こえるよね
楽しいよ、関西弁v-218

  • 2007/05/09(水) 11:37:25 |
  • URL |
  • 酔いどれ天使 #UGbc5GmY
  • [ 編集 ]

楽しい...

>関西弁って、普通の話の内容でも面白く聞こえるよね
本当にそうですよね。
関西の人たちはふだんから漫才してますから。
(↑これって偏見?)
漫才とまではいかなくてもいつも何か面白いこと考えているイメージはありますよね。

  • 2007/05/09(水) 22:48:50 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/253-3b067de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。