親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいムフフな楽しみ

4月12日(木)の記事「頭の補強」で本日書店に行くと予告しました。
中国の歴史書「史記」についての理解を深めるためです。
その前に父に電話して持っているか確認してみました。
しかし残念ながら持っていませんでした、残念!
仕方ない、自分で買おう(←あたりまえじゃ!)と思ってたら近くに図書館という便利なものがあるのに気付きました。
ということで今日は書店ではなく図書館へ。
(この図書館についての詳細は昨年11月18日の記事「図書館に集う人々」をご覧下さい。)
行くと来ている人が少ない、4~5人といったところでしょうか。
以前は毎週のように行っていたんですが最近行かなくなりまして、それで私のファンの女性が来なくなったのかもしれません。
司書さんごめんなさいね。
そんなわけで検索できる機械で探しますとありました。
学研から出ている中国の文学全集とかいうやつ。
「史記」だけで4巻出ています。
中を見てみると膨大な量の中から主要なものだけ、いわゆる「ダイジェスト版」みたいな感じです、これはやめた。
とりあえず入門みたいなやつはないかと別を見たら「史記の世界」を発見!
たった197ページというお手軽な量。
全部で130巻526,500字のものを197ページで理解しようという姿勢はいかにも付け焼刃的で叱られそうですがこれからちゃんと勉強するということでお許しいただきましょう。
今んとこ借りてきただけでまだ読んでいない。
日曜日だから読んどけよという声が聞えてきそうですね。
でも今日はそれどころじゃなかったんですよ。
昨日の記事の最後に大変なことが起きていると書きました。
このブログの訪問&閲覧者数が馬鹿みたいに増えていた件ですね。
それ、今日も変わらず多いんですよ。
読まれている記事は一昨日の「葬式三題」、一昨日からのトータルでついに1000を越えてしまいました。
今日一日の訪問者数も既に300を越えています。
さすがに怖くなったんで、so-netのほうにブログ解析をつけることを今朝決意しました。
「ブログ解析」で検索かけたらトップに出ていたNINJA TOOLSというのを四苦八苦しながら取り付けました。
早速確認したサ~。
さてと、どんなんかな~、あれから数字も増えてるし...なんじゃこりゃ!
オイラがアクセスしたのしか解析できとらんじゃないか!
あんまり当てにならんな、こらもう一個つけとこ。
いつもブログでお世話になっているFC2のヤツね。
これも苦労しながら取り付けまして1時間くらい監視しました。
これでもダメです。
どうやらほとんどが携帯電話からアクセスしているような感じです。
なんかがっかりして仕方ないんで今日の記事でもかくべと思いためしにチェックしたらちゃんと解析してある!
アクセス数よりはかなり少ないですがそれでもちゃんと解析してある!
どれどれ...なるほど~。
やっぱりラオウの葬式関連みたいです。
でも、ちょっと検索のしかた下手すぎかな~「ラオウ 一般 葬式」って、一体何を調べたいのか分からん。
「ラオウ 葬式」だけでも良いんじゃないか?
「一般」なんて入れちゃうから「親トホ」なんて読むはめになるんだよ、今度から気をつけなさいね。
でもどこで一般なんて使ったっけ、ということでお間抜けな話なんですが自分の記事内で検索かけましたら、ありました「一般紙」というのが、思わず感心してしまった。
えっと、ほかの検索キーワードは「医療事務」、あ、昨日の記事だな。
ごめんね、全然役に立てなくて。
しかしこれで検索かけて上位に来るというのがよく分からんな。
ほかにはと、「トイレがすき 自閉症」...自閉症児はトイレが好きなのか?
思わず検索かけたっちゅうねん。
あ~、「裸族という生き方」か、こら目を引くな。
でも、この人きっと真面目に検索かけてたんだろうと思うんだけど、いきなり「裸族」という言葉が目に入ってきてどうにもガマンできなくなってポチッと押しちゃったんだろうな。
まあ、これに懲りずにまたおいでください。
それにしてもアクセス解析面白いですね~、てなわけで新たな楽しみが増えました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/230-0b437a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。