親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み会報告

巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)
もともとは「まずい戦術でも素早く早く終結させるほうが良い」という意味。
転じて「出来がよくても仕上がりが遅いのは、少々下手でも早く出来上がるほうが良い」という意味でも使われます。
兵法で有名な(と書くと失礼かもしれんが)孫子のことばからできたことばだそうです。
略して「巧遅拙速」なんて使い方もするようです。
これは、経営のトップにいる人には当てはまりますが私なんかはどっちかと言えば少々遅くても上手く仕上げたいタイプなんですよね。
でも、必ずしも上手く仕上がるわけではないのでやっぱ拙速のほうが良いのかしらん。
反対の意味で「早かろう悪かろう」ということばがあることも付け加えておきましょう。

昨日書いたとおり昨夜は飲み会でした。
そんなわけでいまだに半分酔っ払っているへいたです。
酔っ払いついでに昨夜のできごとを書きましょう。
昨夜の飲み会は100人以上が出席しました。
それで幹事さんが、ちゃんと男女がバランスよく席につけるようにくじ引きを作ってます。
私も当然それを引いて席に着きました。
私の周りだけあいていてつまらないなあ~なんて思ってたら私の正面とその左隣に女性と男性が一人ずつ。
まだ私の両隣と右斜め前があいていました。
ここで坂下さん(詳しくは「応援の光と影」を参照)がこの周辺に座らないかな~なんて淡い期待を抱いていたんですよ。
本当に淡き期待です...。
と、右隣に誰か座り私に声をかけたその人は!
坂下さんだと思ったでしょう。
フフフ、人生そう上手くいったら誰も苦労はしませんぜ。
「お疲れ様です」
おつか...ウワッ、坂下さん、ビックリした!
「私もビックリしました。」
ホント驚きましたよ、人生そうそう上手くいっちゃいました。
それにしてもすっごい偶然ですよ。
ちょっと計算してみましたら...なんだ、50分の1くらいか。
意外とよくあることなのね、ちょっとがっかりだな。
それは置いといて、坂下さんのこのセリフです→「私もビックリしました。」
彼女もビックリしたというのはどういうことなのか。
ビックリするのは意外なことがあったとき。
意外なことというのは彼女の隣に私がいるということ。
ということは彼女は「まさか私の隣にへいたさんは来ないわよね」って思ってたってことです。
この「まさか」の前にくる言葉は「できればへいたさんの隣に座りたいんだけど」じゃないでしょうか?
バンザーイ!...へいたはまだ酔っ払っているようです。
ア~、そんなわけで坂下さんとたっぷり話をしました。
坂下さんとばかり話していて左側に座った23歳の女性のことはほったらかしになっていることに気付き一応相手しまして、その彼女と坂下さんも話をするように仕向けました。
でも、やっぱり坂下さんだよね~、って思ってたら坂下さんがどっかに去ってしまいました。
ア~ン、さかしたすわわ~ンって思ってたら今度は浅野さん(詳しくは「かかとを襲う恐怖」を参照、ってあんまり詳しく書いてませんが...)が近くに!
遠くの坂下さんより近くの浅野さんです。
今度は浅野さんと楽しく談笑、本当に夢のようなひと時を過ごしたわけです。
そのまま夢心地で二次会へ。
しかしここがアカンかった。
坂下さんも浅野さんもいないうえに、私より年上の男性社員が「へいた、歌え!」なんて命令するんです。
私は趣味で音楽やるくらいですから歌は大好きなんですがカラオケはだいっ嫌いです。
こんな場所でもめったに歌いません。
てめえ、オイラに命令するな、なんて言葉をぐっと飲み込んでのらりくらりと最後までかわしてやった。
そんなわけで後半はまるでダメでしたが幸せいっぱいの夜を過ごせました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/222-c7ac4cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。