親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れたはずの過去《完結編》

今回の記事は2回シリーズの後編です。
前編は忘れたはずの過去をご覧下さい。
母と知り合いのおばさんに怪しまれない行動はまずトイレに行くことです。
帰ってすぐトイレ、これならまず何も言われません。
トイレに入ったは良いがさあ、この尻にある物体はどうしよう。
物体だけ処理してもパンツは洗濯機まで持っていかなければなりませんが、トイレから洗濯機のある場所まで行くには必ずおばさんの前を通らなければなりません。
幸いこの頃の我が家は昔ながら汲み取り式のボットン便所。
パンツと物体は薄暗い穴の中へ吸い込まれていきました。
私はお尻に付いた証拠の汚れを入念にふき取りズボンをはいて何食わぬ顔で母とおばさんの前を通り茶の間でテレビを楽しみました。
私の心の中にはある種の達成感が広がり幸せな気分です。
パンツはこのおばさんが帰ってからゆっくりはけばいい。
ああ、しかしなんということでしょう。
おばさんが帰るのとほぼ同時に新たな客人が訪れました。
しかも厄介なことにこの客は一緒に夕食まで食べだしました。
まあ、あせることはない、チャンスは必ず来る。
チャンスというのはお客が帰ったあとか風呂に入るとき。
どちらにしても今夜中には訪れることになるわけです。
さて、体が小さいということは容器が小さいということ。
10歳くらいだとトイレがけっこうちこうございます。
実はこれが私にとっての最大の敵だったのです。
客がいる間に3回トイレ、小さいほうに行きました。
最初に1回目、用を足しチャックを上げるとき袋の部分の皮を軽くはさみました。
(今は「ファスナー」というのが一般的ですがここでは敢えて「チャック」と使わせていただきます。)
パンツをはいていないのでチャックが直接中の物に当たるんです。
ですからチャックが進路上にあるものを巻き込んでしまうんですね。
当たり前ですが結構ちくっときます。

2回目もやはり軽くはさんでしまいました。
このときもちくっときました。
次チャックを上げるときは気をつけようと心に決めました。
私今もそうなんですが昔から忘れっぽいんです。
案の定このときの決心を3回目にも忘れてしまっていました。
「ちくっ」も3回目なので慣れたもんです、ちくっときた瞬間にすぐ下げました。
...がなぜか下がりません。
そう、皮を巻き込んだままなんです。
あれ~おかしいな、ともう一回チャックを下げますがびくともしません、と言うか余計に食い込んでいきます。
今父に言うとお客さんが来ていますからばれてしまい話がそこら中に広まってしまいます。
これは再びごまかさねば!ということで、洋服ダンスが茶の間から離れたところにあったのでその中に入っていたジャージを上から着て何食わぬ顔をして戻りました。
両親はお客の相手が忙しかったからなのかこれが意外と気づかれません。
そのうちに風呂に入らなければならない時間になりました。
仕方ないので一旦風呂場に行きましたが上半身だけ入るわけには行きません。
小さいながらに悪知恵は働くもんです。
頭だけ洗って再びジャージ姿になり登場。
(私はパジャマではなくジャージで寝ていました)
両親に打ち明けるのは客が帰ってからにしよう、と一旦布団に入って待機しました。
しかしやっぱ若いですね、そのまま寝ちゃったんです。
目が覚めた頃にはもう両親も寝てしまっていました。
起こすと叱られそうなので私は自ら再び皮からチャックをはずす作業にとりかかりました。
さっきは下げようとしたからイカンかったんだ。
下げてダメなら上げればいい、よ~っ、やっぱだめか、余計に食い込んだ(←当たり前)
根性入れて下げよう、ん~~っ、あうっ!
上げても下げてもイカン、ボクはどうすればいいんだ~~~~っ

このあと、朝までの記憶がありません。
睡眠不足とパニクッたことでこの間の出来事が全て消去されてしまったのでしょう。
思い出されるのは、朝父が必死に私のチャックをニッパーみたいなもので切っている姿。
そして、なぜ早く言わなかったんだと問われ半泣きで「おばちゃんが、おばちゃんが」としか答えられない私に「おばちゃんは関係ないでしょっ!」と絶叫する母親です。

この時からズボンの下には必ずパンツをはくようになりました。
そして、朝家を出る前には必ずトイレに行くことにしているのは言うまでもありません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

くはぁ (笑)

なんか読んでて痛そうだったけど、めっちゃ笑えるv-221
これは経験してみないと分からない焦りがあるのだろう (爆笑)v-82

  • 2007/04/03(火) 16:34:43 |
  • URL |
  • 酔いどれ天使 #UGbc5GmY
  • [ 編集 ]

天使ちゃんへ

いや、ホント痛かったっす。
って言うより、後半は傷み感じなくなりました。
人間慣れが大切ですね。
(それは違う!)

  • 2007/04/03(火) 18:09:06 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/215-d6f4893d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。