親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目がおかしいんだが、ってどう?

今日も暖かいですね。
妻が一所懸命布団を干してましたが今夜絶対に汗かくはず。
(しかし明日は雨予報)
今こんなに暖かかったら4月は30℃超すんちゃうか?
って、んなこたーなかろうが。
昨日「中心性漿液性網膜脈絡膜症」と予想を立てましたがやはりそうでした。
(実際には「中心性網脈絡膜症」といわれた。)
いやあ、今日の検査はハードでした。
視力、眼圧検査はもちろん眼底撮影、視野の検査をして、先生による診察、その後近赤外線治療(?)、再び眼底撮影。
ここまでで12時30分。
会計が済んだのが12時40分。
薬局に寄って12時50分でございました。
結局手術という言葉は出てきませんで、薬投与で経過観察ということに。
まあ、何しろ良かった。
さーてさて、本日の初体験は視野の検査。
どんなことをするかというとまず双眼鏡のようなのをのぞきます。
これは両目とも当てますが片目ずつしか見えないようになっています。で、こののぞいた画面中央に小さい四角の点があってこれから焦点をはずさないようにします。
すると画面のどこかで四角い縞模様が揺れますからそれが見えたらボタンを押して知らせます。
この四角い縞模様も濃いのから薄いのまでいろいろなもんが出るです。
これが結構疲れるんですよ。
画面上になんかが現れるととそっちのほうを見そうになってしまうんで目に力いれとかんといけません。
結果はというと多分異常なしです。
昨日のうちに自分でしっかりと検査してたんで心配はしてませんでしたがやっぱり気にはなりますね。
そしてこのときの私の担当が菅野美穂をちょっとポワッとさせた感じの看護師さん。
眼科なのに血圧まで測りよった。
血圧を測ったのもポワ菅野。
そして目の中を調べるのに瞳孔をあけんといかんのだがそのための目薬をさしたのもポワ菅野。
今日のわしの一押しはこのポワ菅野に決定だ!
ベッキーに似た受付も良かったんだが会話の量からポワ菅野に軍配を上げた。
昨日も書いた村上おばさんもちゃんといましたぜ。
村上おばさんはやっぱ違うよ。
どんな病気かとかどんな治療をしていくかとか先生よりもいっぱい説明してくれたし、最後に目まで洗ってくれましたから。
おそらくこの病院の中では一番偉いんちゃうか?
さて、私がした視野の検査でしたが私の次の次に高齢のご婦人がこの検査の席に座られました。
私の母方の祖母にどこか似ています。
(まあ、年寄りってみ~んなどこか似てますが)
で、(ポワ菅野ではない)看護師さんがこのご婦人にやり方の説明をします。
「今から視野の検査をしますネ」
私は初めてだからやり方がわかりません。
だから今からその説明をするんだが。
「ここからのぞくと小さい点が見えます。ここから...(中略)...ボタンを押して教えてください。」
初めてだからわかりませんわ
とりあえずやりながら説明したほうがいいと思うぞ。
「じゃあ、ここをのぞいてみてください。」
そうそう。
「点が見えますか?」
この四角い小さいの?
「それをずーっと見てて縞模様が出てきますからそれが出てきたらこのボタンを押してください。」
何も出てきません、点だけ。
「縞模様は出てきませんか?」
あ、今出てきた。
「今ボタンを押してください...押したらはなしてください。」
何も出てこない、あ、出てきた。
「ハイ、ボタンを押してください。」
あ、また出た。
「......」
あ、点が動いた。こっちに
いちいち報告せんでも。
「ハイ、終わりですね。」
え?終わり?あ~良かった。
「それではあちらでお待ちください。」
ハァ~(←でかいため息)」
ため息つきたいのは看護師さんだと思うぞ。

ということでもらった薬は飲み薬が3種類。
血液の流れを良くするのと炎症を抑えるの。
目薬は2種類です。
で、先生に言われたのは
「しっかりと休養をとるようにしてください」
う~ん、これ以上休養をとっていいものだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

目に休養とってください。(ΦωΦ)

うわぁ~、目は大事にしないといけませんよ。
でないとキレイなお姉さんが見れなくなりますからね!
>中心性網脈絡膜症
初めて聞きました。(なので検索してみました)
けっこうあなどれなさそうじゃないですか?(-""-;)お大事になさってくださいね。

  • 2007/02/08(木) 22:43:58 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

でもブログは...

>でないとキレイなお姉さんが見れなくなりますからね!
いや、特にキレイでなくてもいいんですが。
この病気は自然と治ることもあるし手術が必要なこともあるということですね。
私の場合はそれほどひどくなかったので薬で済ませましょうということだろうと思います。
お気遣いありがとうございます。

  • 2007/02/09(金) 18:06:14 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/168-cf5c4846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。