親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語を考えてみる

NHK教育テレビに趣味悠々という番組があります。
各曜日でいろいろなテーマがあって昨年の12月から「落語をもっと楽しもう」というのが始まりました。
三遊亭小遊三、桂米助を講師(というよりか落語にまつわるちょっとした雑談係)に迎えています。
(これ観てて改めて「ヨネスケってのは落語家なんだよね」と再確認しました。)
で、この中で(落語好きの)素人さんに(小遊三、米助以外の)プロの落語家が何回かに分けて稽古付けてくれるというチョーぜいたくな番組なんです。
途中からしか観ていないんではっきりとは分かりませんが稽古の第1話目は「寿限無」、で、今稽古途中の2話目が「時そば」。
落語なんて少ししか知らないという方にもおなじみの噺ではないでしょうか。
これ観ているとちょっとした仕草で相手をひきつけられるかそうでないかがはっきり分かります。
これは普段の生活にも応用できそうです。
(↑これは本当。いっつもウソ言ってるからちゃんと断り書きをいれとかんといかんw)

そんなわけでこのところ落語ブームだそうです。
あの「タイガー&ドラゴン」のおかげだとか。
私は再放送で観たんですが確かに面白かったし、寄席に行けばもしかしたら長瀬君みたいなイケメンの落語家に会えるかもしれないと勘違いして行く女性もたくさんいるでしょう(オット失礼)。
80年代にも落語を含むお笑いブームというのがありました。
ただ今回の落語ブームが今までのと違うのはテレビで落語(と落語家の事)を流す番組がそれほど多くないこと。
笑点は変わらずにありますがNHKの日曜午後に放送されていたお笑い(寄席)番組も今は若手の漫才を中心とするバラエティーになってしまってるし「爆笑オンエアバトル」に挑戦する若手落語家は本当に少ないしまず勝ち残れない。
ですからテレビで判断する限りにおいては世間で言われているような落語ブームだとは思えないんです。
先に私が「落語ブームだそうです」と書いたのはあくまでも活字媒体経由で得た情報だということ。
今息を吹き返した感のある落語会ですが80年代後半になるとどうも良くなかった。
原因ははっきりしています。
戦後、落語家自身が「落語は伝統芸能だ」と思い込んでしまっていたこと。
おまけに「落語は芸術だ」とまで言い出しました。
落語家の団体「落語協会」というのがありますが信じられない事にこれとは別に「落語芸術協会」なんてのも作りやがった。
あの人たちは芸と芸術の違いが分かっていません。
芸というのは人を喜ばせ楽しませるもの。
芸術は人をうならせるもの。
うなるんだったら子犬でもできます。
人をうならせる落語だなんていったい寄席で何をやりたいんでしょうか。
どんなに一般庶民の支持を得ていても「これは伝統芸能です、芸術なんです」といわれるとどこか構えてしまいますよね。
伝統芸能なんて金払ってみるのはものすごーく好きか、暇をもてあまして昔を懐かしむ年寄り。
その分野を盛り立てようと思うのなら演者も客も若い人を増やさなければいけません。
「伝統芸能だ、芸術だ」といってるようじゃ若い人はきませんぜ。
ところが5年位前でしょうか。
若手を中心に落語をもっと多くの人に広げようという活動をしていました(今現在やっているかどうかはわかりません)。
とにかく人の集まるところ(駅の構内とか飲み屋さんとか)で落語を始めちゃうんです。
ソラみんな足を止めてみますよね。
おまけに落語家自身にもいい稽古になります。
この、みんなの注意をこっちに向けるというものこそが「芸」なんですね。
今までの「聞かせてやる」から「面白いものやりますからどうぞお聞きください」という姿勢に変わってきたのでしょう。
お笑いというのは笑わせてなんぼ。
今落語家が「芸術家」から「芸人」に変わりつつあります。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

ふーん (・・ )

さすがへいたさん、詳しいですねー。
私も「へえ~」ってうなりながら読んじゃいました。(^-^)>
じつはうちは昨年からですが、娘が笑点のファンになっちゃってるんです。
「日本のわらいばなし」とか本で読んだり、NHKの『にほんごであそぼう』の柳家花録(字合ってるかな?汗)とかしか知らなかった娘でしたが、たまたま見た笑点が面白くて、今では必ず見てます。
大喜利メンバーの名前も覚えてるし。落語って、やはりそれだけ魅力があるものなんでしょうね。(私も好きです)

  • 2007/01/19(金) 23:03:01 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

むーん

「笑点」ってシブ!
私も小さい頃から笑点好きでしたが何せあの頃は他に娯楽がねぇ~。
「柳家花」ですね。
落語もはまれば奥が深くてこんなに面白いものはないんですが、はまり込むまでが大変ですw

  • 2007/01/20(土) 18:14:54 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/149-46253d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。