親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙の記憶

私が結婚したのは1994年の11月の事でした。
宮崎にあるお互いの実家に近い所に少し古いけれど二人には充分に広い一軒家を借りそこで新しい生活を始めました。
年明けた1月といえばまだ新婚気分が抜けないラブラブ状態。
そんな1月17日の早朝、家が揺れるのを感じ妻とともに起きすぐさまテレビをつけました。
この当時の地震速報というのは2~3分経たないと出ないものでしたが揺れを感じてすぐにテレビをつけたにもかかわらず画面が現れたときにはもう地震速報がテロップで流されていました。
「うわ、はや!」と思って流される情報を見ていると震源はどうやら本州東海地方のようです。
私たち夫婦が感じたこの揺れこそが兵庫県南部地震、いわゆる阪神・淡路大震災でした(実はこの辺の記憶があいまいで調べてみたら第一報は近畿地方ではなかったということが分かりました。なんで震源地の特定が遅れたかというと気象庁の地震速報システムが地震によって故障してしまったという笑えないギャグのような状況によるものです。この第一報のテロップを見たとき東海地方の地震が宮崎まで?と考えましたがその時には地震の規模の凄まじさには思いが至りませんでした。震源地が東海地方であれ、近畿地方であれ宮崎でも揺れを感じるほどの地震です。相当な大きさと被害状況をなぜ想像できなかったのか、いまだに分かりません)。
このあとの続報は6時台で、外に出ていたら何かで怪我をした人がいるというようなレベルだったと記憶しています。
街を映す映像もまだ薄暗いしたいしたことはないと考えていました。
実はこのとき既に千人を越える即死者が出ていたのですがもちろんテレビの情報からは何も分かりません。
被害を受けている各自治体にしても連絡手段がないから情報を流せるわけではないし、頼みの気象庁の速報システムがあんな事になっていたから政府の初動体制立ち上げの遅れも仕方ないかなと思います。
もっと悪い事には朝7時台のニュースでNHKの記者が(このときにはもう近畿地方が震源らしいという事が分かっていた)「揺れは大きかったが大きな被害は確認できない」というような現地レポートをした事でそんなにたいした事ないと思い込んだ人が多くいたようです。
ようやく大惨事になっていると把握できたのは昼食のときでした。
仕事場のテレビで観るNHKのニュースの映像にはあちらこちらから立つ煙のようなものが見えています。
このとき初めて大変な事態になったことを悟りました。
この日から数日間どのテレビ局も地震報道一色です。
発表されるたびに増えていく死傷者の数には呆然とするほかはありませんでした。
あれからもう12年。
テレビのバラエティーで「あの震災で...」とか「あの震災のときに...」ということばを耳にするたびにあの日のテレビ画面のことを思い出さずにはいられません。
私たち夫婦の感じた兵庫県南部地震はたかだか震度2でしたが忘れる事のできない記憶を植えつけられました。
この震災の後、地震に強い建築物を造ろうということにみんなでしたはずなのに耐震強度偽装問題が起こったり相も変わらずあちこちで談合して下手すると手抜き工事やっていたり。
この国はあの地震でいったい何を学んだんでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

日本人は江戸時代から変わってないし(‐。‐;)

私の弟がちょうど東灘区で被災してました。いろいろありましたが、弟は無事九州の実家へ自力で帰りつきましたが、身内がそんなめにあったので、あれは他人事ではない気持ちがありますね・・・(-_-;)
>この国はあの地震でいったい何を学んだんでしょうか。
私、学んでみました。自助努力。(=_=;)イヤ、マジデ。

  • 2007/01/17(水) 21:49:39 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

自分の身は自分で

>私、学んでみました。自助努力。
この国ときたら災害で被災しても自己責任でどうにかしてくれという方針ですよね。
(でも銀行は助けましたネ)
何のために税金払ってるのか全然分かりません。

弟さんご無事で何よりでした。
あの状況でよく九州まで。
いろいろご苦労されたんでしょうね。

  • 2007/01/18(木) 17:08:39 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/147-03fc0bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。