親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスと誕生日

ドッカーンと還ってきたサー。
昨日給料日の人も多かったでしょう。
年末調整の還付金が今月の給与に上乗せされていまして、それがなんと10万えーん。
びっくりした~。
去年までは4、5万だったと思うんですが何の間違い...いやいや何がどう違ったんだか、扶養家族は変わらないのに。
基本給も上がっとるし賞与もだいぶ上がっとったから多くなってるだろうなと期待はしてたけどこんなにとは。
年末調整ちゃんとやらなあかんで>全国のサラリーマン
12月25日だけにまさに予想外のクリスマスプレゼント。
...いや、別に大喜利やってるわけじゃないんで↑
笑えね~とかいらん事書くなとか突っ込まないでください。

それはそれとして、昨日は子どもたちにうれしいクリスマス。
普段太郎(小4)は6時半過ぎてもなかなか起きてこないのに6時には起きてきました。
もちろんどんなプレゼントをもらえたか確かめる為です。
私たち夫婦からと妻の祖母(太郎から見ると曾祖母)からの物もありますから結構な量です。
ということで太郎はプレゼントのバッティングマシーンで朝っぱらから打撃練習を始めました。
花子(小1)は私が出勤する間際にようやく起きてきたので反応はチェックできませんでした。残念!
でも帰宅するとプレゼントのひとつジグソーパズル(300ピース)をほぼ仕上げていました。
私が初めてジグソーパズルを知ったのは5年生くらいのときだったと思います。
図柄(写真)は忘れもしない「ランボルギーニカウンタックLP500」の300ピース(500と300って、ああ、ややこしい)。
箱から出し茶の間に広げてやり始めました。その頃は上手いやり方を知りませんでしたから(初めてだから当たり前)四苦八苦してやったんですがスイミングクラブにいく時間が...。
そのまま置いてスイミングに練習に行って帰ってきたらなんと仕上がっていました。
犯人は私の母親でした。
母もこれまた無類のパズル、クイズ好き。
つまり蟻の前に砂糖を置いといたようなモンです。
母もジグソーパズルとはこれが初対面。
この時以来母のほうがジグソーパズルにはまってしまい、1000ピース、2000ピースとレベルアップさせて次々と完成させていきます。
そして60歳越えた今でもやっています。
やっぱジグソーパズルってお金を持っていない子どもではなく財力のある大人の遊びなんですね~。
あ、話がそれてしまった。
私が花子がパズルをほぼ仕上げていたのに感心していると妻が横から打ち明けてくれました。
今日は花子の友達が二人遊びに来ていてその二人も一緒になってやったから早く終わっちゃったというのが真相でした。
花子に「早く終わりすぎたからつまらないだろう、一回崩そうか」と言うと「やだねぇ」と、女の子らしからぬ返事。
せっかくできたんだから崩したくないのは当たり前だよな。
花子には妻がやっているのがあるから一緒にやりなさいと言っておきました。

ところで、昨日はイエス・キリストの誕生日でもありますが妻の誕生日でもあります。
と言うことで太郎が一所懸命考えて買ってきた母への誕生日プレゼントを発表します。
最初に考えていたのは身代わり君(なんかよう分からんがこう言っていた)だったんですがこれが置いてあった店が半額セール中でプレゼント用のラッピングをしていなかったんですね。
それで已む無く断念。
では代わりのものをと入った一軒のお店。
やたらとリロアンドスティッチが置いてある。
いろいろ見ているとリロアンドスティッチのフォトスタンドがありました。
なんか良さげだったけど隣にリロアンドスティッチのシーソーフォトスタンドと書いてある商品札が目に付いたんです。
それでいつの間にか隣にいたマツイという名の若い女性店員に聞いてみたところ、昨日まであったのに売り切れちゃったみたいですと返事。
私が残念がっていたら太郎は既にほかのものを物色していました。
結構心の切り替えが早いみたいです。
そして見つけたのはリロアンドスティッチのブランケットと紐のついたぬいぐるみ。
それって太郎の好みジャンと思いましたがまあ良いや、気持ちだよ気持ち。
レジに戻ったマツイさんに持っていってプレゼント用に包装してください、クリスマスではなくて誕生日です、とお願いしました。
太郎が「お母さんの」と付け加えます。
するとそのマツイさん
「あ、私の友達も誕生日だったのを思い出しちゃいました。後でメールを打っとかなきゃ。」
そうですね、それは絶対やっとかないとダメですね。
「クリスマスが誕生日だとなんか一緒にされちゃって損してるような気がしませんか」
まあ、そうでしょうね(なんか仲良くなっちゃったな♪)
「ハイ、お待たせを致しました、幸せなお母さんね。」
ウン、と太郎。で、全部で1,928円。
オー、結構安いじゃん、って払うのは俺かよ!家に帰ったらちゃんと返せよ。
でもおねえちゃんと仲良く話ができたからよしとするか。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

へいたさんちって・・・

ジクソーパズルの英才教育ですね( ゜-゜)スゴイ!
太郎くん気に入ったプレゼントが買えてよかったですねo(^-^)oん?なんかちがうような・・・。
へいたさんもおねえさんと仲良く話ができてよかったですね。
(ん?そこは絶対なんかちがうような・・・)

  • 2006/12/26(火) 22:13:52 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

なんか違う?

ジグソーパズルは家族で好きだからやってるだけです。
教育の一環ではありません。
って、ソラそうだろう。
私はお姉さんじゃなくておばさんでも良かったんですが、
ってそこもなんか違いますか?

  • 2006/12/27(水) 18:08:53 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/125-d8eec59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。