親父のトホホなつぶやき

夫婦に子供二人というごくありふれた我が家の日々の出来事を、父親が情けなくつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変な忘年会

土曜日の夜、妻は忘年会に行きました。
うちの子供たちが通う小学校は(多くの小学校がそうだと思いますが)入学してから2年毎にクラス替えがあります。
つまり担任以外は2年間同じメンバーなのです。
さて、息子の太郎(小4)が入学してからの2年間、担任は鈴木裕子先生(仮名)でした。
つまり太郎のクラスは1~2年生の間は担任も含めて顔ぶれが変わらなかったことになります。
(担任が代わらなかったのはもしかすると太郎への配慮があったのかもしれません)
この鈴木先生今年50歳らしいのですが大変に若々しい女性の先生で常に子どもたちとは体当たりで接していました。
息子も入学当初の1週間だけはゴネてなかなか校門から入ろうとしませんでしたが鈴木先生と当時の教頭先生のおかげで何とか教室まで行けるようになり、授業参観の時などは本当に楽しそうに鈴木先生のお話を聞いていました。

    ~・~・~・~・~・~・~
この教頭先生、何かと太郎に目をかけてくださって太郎も喜んで教頭先生のお手伝いをしていました。異動になられてからも年賀状は欠かさず出しています。こう書くと児童一人一人に先生方の目が届くような小さな学校を想像されるでしょうが全校児童800人を超す小学校です。どれだけ教頭先生が子どもたちのことを考えていらっしゃったかわかります。
    ~・~・~・~・~・~・~

ですから太郎は少々活発だけれども発達障害だなんて思ってもいませんでした。
それほど指導力があり子どもたちから慕われている鈴木先生は親にも大人気でした。
そしてこのクラスは親同士の結束も強く、入学してすぐに懇親会を開催し大いに盛り上がったそうです。
そんな鈴木組も3年生になるとクラスもバラバラになり、鈴木先生は6年生の担任になり接点がなくなりました。
しかし大好きな先生をこの親たちがほうっておくわけはありません。
夏休みに同窓会と称して旧鈴木組の保護者(ほとんどが母親)に裕子先生を交えた第1回の飲み会が開催されました。
その後冬に一回夏に一回ペースで続けられ今回が4回目の飲み会です。
年に2回はやりすぎだろうと思うのですがまあ好きなんでしょうね。
そしてこういう前の学年の時の担任と親との飲み会、この小学校では他に例がないらしい。
と言うか他の学校でもあまり無いと思う。
だから鈴木先生は他の同僚の先生方からものすごくうらやましがられているそうな。
そんな飲み会に今回も参加した私の妻。
私も家で焼酎をチビリチビリやっておりましたところ帰ってきたのはなんと日付が変わった3時15分。
驚くべき事に最後まで5人も残っていたという。
う~ん、侮れない。
翌朝(って本当はその日の朝なんだけど)目を覚ましたのは8時半。
ぜんぜん二日酔いじゃないとか言っていましたがそのあと約半日寝ていましたから!
そういうのを二日酔いというんですぜ>奥さん

....年賀状作戦のその後を書こうと思ってたんだが忘年会の説明が長くなりすぎた。
文章組み立てるの下手すぎ>へいた
続きは明日!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

[絵文字:v-274]←出るかなーと思って

指導力のある先生に出会えるって、貴重ですね。子供にも親にも。
太郎君の学校、大きいんですね。ビックリ☆

  • 2006/12/18(月) 22:16:09 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

残念、出ていません

先生みなさんに指導力がないから困るんですよね。
困るって言ったらいかんのでしょうが。
今の担任の先生も頑張って下さっているのでこちらも頑張らねばと思っています。

  • 2006/12/19(火) 19:28:53 |
  • URL |
  • へいた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heipom.blog14.fc2.com/tb.php/117-9de8812e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。